人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「ああなりたくはない」と願って生きた。

どうも。

 

最近、通勤時にUVERworldの「Q.E.D」という曲を聴きまくっている僕です。

 

UVERには数年前からハマっています。

 

サウンドもメロディーもさることながら、やっぱり歌詞が強烈に刺さるバンドです。

 

さて、そのQ.E.Dの歌詞の中で印象深い部分があります。

 

それが

 

 

~やたらため息の多い奴らだ~

 

~ああなりたくはないと願って生きた~

 

 

という部分です。

 

まあ、この曲が全体的にどういった内容のメッセージを伝えているのかっていうのは曲を聴いて貰えれば分かると思うので、ぜひ聴いて下さいw

 

 

TYCOON

TYCOON

 

 

 

僕は昔から思っていました。

 

特に多感である中学生の頃、高校生の頃において周りの大人達を見ては

 

 

「大人ってどうしてこんなに人生つまらなそうなんだろう…?」

 

 

純粋に疑問でした。

 

例えば、

 

電車の中で朝っぱらから、やたら眉間にしわを寄せているサラリーマンのおじさん達。着ているスーツもなんかダサいし、靴もカバンも髪型もそう。オーラがない。

 

帰宅時になれば疲れ切った顔で歩く大人達の群れ。ザ・無表情の無気力。

 

学校に行けば、感情ゼロで淡々と授業を進める先生や、全校朝礼?とかでつまらなくて小難しい話ばっかりしたがる教頭や校長。

 

あと僕の通ってた学校の先生とかに限っては口を開けば「髪を切ってこい」「服装がだらしない」とか厳しいことばかり言う。(僕の学校は規則がかなり厳しかったんです泣)

 

そんな大人達を見て僕は残念ながら

 

 

「かっこいい!」「憧れる!」「こういう大人になりたい!」と思ったことはただの一度もありませんでした。

 

 

その反動からか、青春時代に僕はロックを聴くようになり、X JAPANのHIDEや、GLAYラルク黒夢清春なんかに強烈に影響を受けました。

 

 

「ああ、こんな風にオシャレで自由でイカした大人になりたいな!!」と。

 

 

それから時は10年ほど経ち、現在の自分はというと、やっぱり変わった生き方をしているのかなと思います。

 

僕は独立して起業していますが、実際、周りにこういう人間はあまり多くいないです。

 

地元の仲間に関してはみんな雇われの身だし、ぶっ飛んだ感性の持ち主が悲しいかな、めちゃくちゃ少ない。

 

勿論、起業家と雇われの身、どっちが偉いだの、人生の勝ち負けだの、そんなくだらない話をするつもりはありません。

 

幸せは人それぞれで、価値観も何もかも違う。

 

みんな社会に必要だし、それぞれの生き方が自由なのは分かっています。

 

ただひとつ、僕が子供の頃から思っていたのは

 

 

つまらなそうな大人を見て「ああなりたくはない」と願って生きてきた

 

 

それだけは事実です。

 

あと僕ももう子供じゃありませんので、お金の大切さは分かっています。

 

「世の中、お金じゃない」なんて口が裂けても言えません。

 

そのセリフは自らが1000億円以上ぐらいの資産を持ってから言いたい。(それでも少ないでしょうか…)

 

お金を稼げる・稼げないで、人の価値は決められっこありませんが、それにしたって、お金があることによって避けられる不幸があるのも事実ですし、自らでゼロから稼げる力っていうのは普通に大切だと思います。

 

お金で得られる至福や娯楽もあることにはあるでしょう。

 

それに僕はもし稼げなかったとしても

 

 

「楽しそうな道を選ぶこと」

 

「自分が思うかっこいい生き方の道を選ぶこと」

 

 

それは心に決めています。

 

お金の大切さを知っていると言いながら、矛盾しているかもしれませんが、もし目の前に二つの道があったとしたら。

 

一つ目はめちゃくちゃ収入が安定している。だけど面白くない仕事。

 

二つ目はめちゃくちゃ収入が不安定。なんなら全然稼げない。だけどめちゃくちゃ面白くて楽しい仕事。

 

 

僕はぶっちぎりで後者を選びます。

 

 

というか実は、ぶっちぎりで勝つためには「ワクワク」がなければ跳ねないと痛感しているのです。

 

もう、なんだか伝えたいことが上手く言葉にまとまらなくなってきたので最後もまたUVERの歌詞で〆たいと思いますw(最近、ブログのまとめ方が雑になったというか、下手になりましたw)

 

 

~かっこいい大人になれなくてもいい~

 

~ただかっこいい生き様ではいたいよな~

 

 

THE ONE

THE ONE