人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

いつの時代も「バカ」が勝つ。

最近ひしひしと思います。

 

というか感じます。

 

 

いつの時代も「バカ」が勝つ。

 

 

どんどんそういう時代になってきているような、今後ますますそういう時代になっていくような、そんな予感がするのです。

 

「うつけ」と呼ばれていた織田信長の圧倒的カリスマ性。(会ったことないし、実際には分かりませんが)

 

アインシュタインも「バカな奴ほど成功する」と明言。

 

結果を出せなければただの「バカ」で終わりますが、結果を出したら周りからは「天才」と呼ばれたりする。

 

まさにコレです。

 

バカっていうのは「跳ねる」か「潰れる」かのどっちかのパターンしかないように思うんです。

 

「跳ねる」というのはめちゃくちゃ成功するというパターン。

 

「潰れる」というのはもう堕落して一生貧乏人、甲斐性なしの本物の馬鹿みたいなパターンです。

 

バカってのは両極端です。

 

だけどいわゆる「普通の人」っていうか、Bランクの少し賢いような人間っていうのは、私が思うに、極端に跳ねることはないと思います。

 

その代わり、堕落することもない。

 

私の友人でもひと昔の人生の王道パターンで、いい高校行って、いい大学入って、いい企業に入って、ローンで家を買う…というまさにラットレースな人生を歩んでいく友人が多数います。

 

それ自体、別に悪いとは思いませんし、否定もしません。

 

ただ言えるのは彼らは

 

 

めちゃくちゃ考え方が古いし、ビビるぐらい先見性がない。

 

 

本当に私と同年代か?と思えるぐらい考え方が昭和すぎる。

 

というのも最近、いわゆる大学組、大学に進学した地元の友人たちと話す機会がありました。ちなみに私は大学には行っていません。

 

そこで彼らが当たり前のようにこう話すのです。

 

 

「○○君が転職で市役所に受かったって。いいよな~公務員は。女子からモテるし、一生安泰じゃん。家のローンだって審査通りやすくて組みやすいよな~」

 

「俺もそろそろ家を買おうかと思ってる。マンションか一戸建て、どっちか迷ってて~60歳までのローンでさ~」

 

 

私は黙って聞いていました。

 

口には出しませんでしたけど思ったことは二つ。

 

 

(市役所の公務員って…この先、真っ先に淘汰される仕事だろ…)

 

(てかなんでそもそも家を買うのにローン前提なんだよ…)

 

 

この二つです。

 

私だったら「マニュアル化できる仕事」を今から手に付けようとは絶対に思わない。

 

現代のAI技術の進歩速度をナメすぎです。

 

10年後、いや早かったら5年後にはマニュアル化できる仕事はAIに奪われると思います。役所の仕事とか事務仕事とか特に。

 

あと不動産も私ならキャッシュで買うレベルになるまで突き抜ける。

 

そのレベルになるまでは我慢します。見栄とかプライド、世間体は本当に不要。

 

「ローン組まなきゃ買えない=自分に見合っていない買い物」というのが私の見解です。

 

それに60歳までローンはいくらなんでもきつすぎる…「60歳までローンが残っている」というただそれだけで精神的に疲弊しそうです。

 

てか3000万とかぐらいなら絶対に誰だって努力の範疇でキャッシュでいけます。億単位じゃない限り、夢のような数字ではないと思います。

 

 

そもそも、いわゆる普通の感覚では成功できない。

 

 

みんなと同じ道が安心?安全?

 

それは本当だろうか?

 

みんなが右に行くから、右が安全なんだろうって安易に思うこと自体、思考停止している証拠です。

 

常に考えないと負けます。

 

常に自分の頭で考えていかないと勝てません。

 

私は1を10にする生き方ではなく、0から1を生み出す側の人間として生きていくと決めています。

 

すなわち雇われるのではなく、雇用を生む側になるということです。

 

そうじゃないとこの先の未来、時代に振り回されそうで怖いからです。

 

おっさんになってから「仕事がない…選べない…」は嫌です。

 

ユーチューバーをバカにしたり、月に行く人間を妬んだりする人間にだけは絶対になりたくない。

 

これからの時代は「自分にしかできないこと」を徹底して磨き、代替不可能なオンリーワンの存在になることが大事なのです。

 

そのためには自分の中に眠る

 

 

「バカ」な部分を覚醒させることが大事です。

 

 

好きなこと、興味のあることは妥協せずに全部、わがままなぐらい貪欲に突き詰めた方がいい。

 

「あれに興味がある!これもやってみたい!あ、それも面白そうだね!」とむしろそれぐらいインプットがないとダメな時代かもしれないですよ。

 

そしてそれを躊躇せず、恥ずかし気もなく、突き抜けさせることです。

 

結果を出せば、誰も何も言えませんからね。

 

うるせー奴らは結果で黙らせればいいんですよ。

 

 

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト