人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

経験したことがない人の言葉には重みがない。

当時、私が独立して起業すると言ったとき、周囲の人間からよく言われました。

 

それまで働いていた会社の上司であったり、友人であったり、親であったり、恋人などから言われた言葉ですけど

 

 

「独立なんてそんなに甘くないよ」

 

「起業で成功するなんて難しいんじゃない?」

 

「経営者になるってことは365日24時間常に仕事のことを考える必要があるんだよ?それができるの?」

 

 

とかいった感じの言葉です。

 

ハッキリと申し上げます。

 

そんなことは本人が一番よく解っているし、そもそも

 

 

経験したことのないあなたたちが何を言っているんですか?

 

 

って感じです。

 

そういう人たちって憶測やイメージだけで物事を語っているに過ぎないんですよね。

 

確かに起業で生き延びるのは難しい世界です。

 

起業してもたった数年でほとんどの会社が死にますから。

 

だけど実際、厳しさの中に楽しさもあるし、達成感もあります。

 

生き延びるために知恵を使うし、必死に考えて、自分や人生、世の中と向き合うスキルも身につきます。

 

そしてなによりマインドが強くなります。

 

そもそもノリや勢いで起業とか言っている訳じゃないし、ただ単に「起業」という言葉に憧れている訳じゃないんですよね。

 

起業は目的じゃなく手段ですし、厳しい世界ってのは重々承知。

 

んなこと起業する本人が一番考えているし、分かっているに決まっているんですよ。

 

それなのに、周りの何も経験したことがない人たちが寄ってたかって、ああだこうだと言ってくるのが

 

 

本当に意味不明で、むかつくんですよね。

 

 

僕の場合、ハッキリいってむかつきすぎて、途中からもうガン無視のガンスルーでした。

 

もう途中から「理解してもらおう」という気持ちすら捨てました。

 

別に理解して貰わなくていい、と。

 

そんなくだらないことに思考を費やすより、自分の仕事のために時間を費やした方がマシです。

 

そんで結果や実績、数字で示した方がいいんです。

 

常識なんて多数決で決まる。

 

世の中には成功していない、そもそも行動すらしていない人たちの方が圧倒的に多い。

 

じゃあ常識ってのは「成功できなかった人たちの基準」に過ぎないじゃないか。

 

そんなのつまらない。

 

僕は経験する側に行く。

 

お金を稼いだこともないのに「世の中、お金じゃない」なんて言葉は口にしたくない。

 

フェラーリに乗ったこともない、買ったこともないのに「フェラーリなんて必要ない」とか言いたくない。

 

アートを買う金も稼げないのに「アートなんて成金の娯楽だ」なんて絶対に言いたくない。

 

何事も経験したい。

 

その景色を見てみたい。

 

そういう人生にすると決めています。

 

 

話はそれましたが、一言でまとめると

 

 

経験したことがない人の言葉には重みがない。

 

 

そういうことです。

 

どうでもいいんだけど、頑張っている人の足を引っ張るのだけはやめてほしいですね。

 

以上、本日のぼやきでした。

 

 

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷