人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

仕事は「辞めたい時」が辞め時です。

アメトークの家電芸人でチュートリアルの徳井さんが

 

 

「家電は買いたい時が買い替え時だ!!」

 

 

的なカッコいい発言をされていましたw

 

「仕事も同じかな~」と思ったりもしています。

 

そう、

 

 

仕事は「辞めたい時」が辞め時ってやつです。

 

 

まあ正直、仕事っていうのは分からないものでその人による向き不向きであったり、結果が出るまでのタイムラグであったり、結果が出てから楽しくなったりなどの色々な要素が隠れていたりもします。

 

ですけども「ああ、仕事辞めたいな~」って思っているのであれば、それは踏ん張り時なのか、もしくは普通に単なる

 

 

辞め時なのかもしれないんですよ。

 

 

なんでもかんでも闇雲に踏ん張って仕事を続ければいいって訳でもないんですね。

 

その結果、自分を追い込みすぎて、過労死したり自殺したりする人とかも世の中にはいます。

 

普通に考えて「これ以上やっても何も見える気がしない…」ってある種、悟りのような境地に入っているのであれば、それは普通に辞め時かもしれません。

 

「なんか違うな…」という違和感を抱えたまま仕事をしたって結局はパフォーマンスは向上しませんし、なにしろ本人が楽しんでいない仕事なんて非効率そのものですよ。何も生まれない。

 

「どうしてできないんだろう…悔しいな…」という向上心から生まれる違和感であるならば、それは仕事を続けた方がいいでしょう。きっとその先に見える、新しい景色があるはずです。

 

だけど結局はやっぱり

 

 

辞めたいって思ってるなら、辞めた方がいいです。

 

 

コレ極論ですけど、正論ですよね。

 

 

そもそも自分が心から打ち込める「マジで楽しい!」と思っている仕事であるならばそもそも辞めたいなどとは微塵も思いません。(私の場合ですが)

 

まあ私の場合、仕事は楽しくても「ああ!忙しすぎる!いっそこのまま消えてなくなりてぇ!!」と思うことはあるにせよですw(忙しすぎて頭がパンクしそうな時ですw)

 

ただ思うことは、仕事に対して違和感を感じていながらも「いや、でもきっと学ぶべきことがあるんだ」とか無理やりにでも自分に言い聞かせている状況っていうのはなんだかあまり利口ではない気がするんです。

 

まあ、人生っていうのは振り返ってみれば無駄な時間などなく、すべてが学びであることは言うまでもありませんが

 

 

加速成長、加速成功したいならパパっと見切りをつけて次のステージに進むのも全然アリですよ。

 

 

私は別にホリエモン信者ではありませんが、堀江貴文さんの「多動力」という本にも「飽きやすいというのは成長が速いという証拠だ」と書いてありました。

 

物事にめちゃくちゃハマって、そして飽きたらすぐに次の興味の対象へ移った方がいい、ということです。

 

これにはかなり共感できました。

 

堀江さんは「寿司屋で何年も修行するのはバカだ」とも言っていましたねw

 

コレかなりどぎつい言葉ですけど、普通に本質を突いていますよ。

 

大事なのは過程じゃなくて結果ですからね。

 

何十年修行しようが、たった数日間修行しようが大事なのは修業期間じゃなくて

 

 

お客さんから求められる美味しいお寿司が握れるかどうか

 

 

ってとこですからね。

 

というわけで少し話は脱線しましたけども

 

 

仕事は「辞めたい時」が辞め時です。

 

 

一度きりの人生、どう生きるかは自分次第です。

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)