人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

【永遠のテーマ】「柿」と「ピー」の割合について【柿ピー】

柿ピー。

 

 

亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋

亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋

 

 

 

私は柿ピーが大好きだ。

 

ビールとの相性が良いし、なにしろ食べると止まらなくなる中毒性がある。

 

しかしどうだろう。

 

私は昔からとても気になっていることがある。

 

それは

 

 

「柿」と「ピー」の割合についてだ。

 

 

柿ピーは色んなメーカーから販売されているが、そのメーカーの商品によっては柿ピーの「柿」と「ピー」の割合が微妙に異なっていたりする。

 

まず先に述べておきたいのだが私の理想の柿とピーの割合の比率は

 

 

・柿9

 

・ピー1

 

 

である。

 

これが理想。

 

いや、もっと細かくいってしまえば、柿9.2のピー0.8ぐらいでも構わない。

 

もうほぼほぼ柿だけで構わない。

 

 

なぜなら私はピーナッツがあまり好きではないからだ。

 

 

そういうと「え?じゃあ普通に柿だけ入ってるやつ買えばいいじゃん」と言われる。

 

 

↓こういうヤツね。

亀田製菓 亀田の柿の種100% 130g×12袋

亀田製菓 亀田の柿の種100% 130g×12袋

 

 

 

たしかに世の中には「柿だけ」「柿オンリー」の商品も売っている。

 

しかしである。

 

人間とは我儘な生き物で、ほんのたま~に

 

 

ピーが欲しくなるのだ。

 

 

この気持ち分かるだろうか?

 

それは例えるならば、回転寿司に行って、マグロやサーモン、ウニやイクラを食べつつも、本当にたま~に「おいなりさん」が食べたくなるようなあの感覚である。

 

焼肉屋に行ってハラミやカルビ、ロースを堪能しながらもたま~に欲しくなるような「カクテキ」。まさにあの感覚なのである。

 

かといってだ、おいなりさんやカクテキは確かにおいしいけどメインに出てくるような代物じゃない。

 

サブだからこそ美味しさと存在感が際立つのだ。

 

それと同じである。

 

 

ピーは本当にたまにでいい。

 

 

柿を10回口に運んだら、ピーを一回挟むか挟まないか…それぐらいの感覚でいい。

 

言うまでもなく、私が柿ピーを食べると大抵、袋の最後はピーだらけになっている。ピーがどうしても余るのだ。

 

そんなわけで私にとって柿ピーの「柿」と「ピー」の割合というのはとても大事な問題なのである。

 

ところがどうだろうか。

 

ついさっきふと柿ピーが食べたくなったので、近所の某コンビニの自社オリジナルで販売している柿ピーを購入したのだが、いざ袋を開けてみると

 

 

 

・柿5

 

・ピー5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃあァァァァァ!!!!!!

 

 

 

ふざけんなァァァァ!!!!泣

 

 

 

 

 

 

いや、マジだよコレ。

 

ピーがめちゃくちゃ入ってるよコレ。

 

放送禁止用語連発しまくってるエガちゃんのようにピーが入りまくりだよコレ。

 

ふざけてる。

 

マジでふざけてる。

 

こんなのもはや柿ピーじゃねえよ。

 

ピー柿だよ。

 

いや、なんならこれはただの「ピー」だよ。

 

柿が全然入ってねぇじゃねーか。

 

なんなんだよもう。

 

ピー食いすぎて若干気持ち悪いよ。

 

もっと柿食べたいよ。

 

柿の塩辛い感じで唇ジンジンさせたいよ。

 

ああ…クソ!

 

むしゃくしゃしてきた!

 

完全に不完全燃焼だぜ!!

 

もう二度とあのコンビニの柿ピーは買わないぞ!!

 

ぷんぷん!!

 

 

 

 

以上、本日のぼやきでした。

 

くだらなくてすいません。