人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

ごめんなさい!復帰しました。

いや、本当に

 

 

すいませんでした。

 

 

この一言に尽きますねえ。

 

いや、前回のブログをお読みになった方は分かると思うんですが、私「次のフェーズに進むため、仕事に全集中力を注ぐため、このブログをしばらくお休みします!」と宣言したばかりなんですよ。

 

「これからめちゃくちゃ仕事が忙しくなるから、確実に勝つためにはブログを書いてる時間すらも仕事に回したいと!」意気揚々に、声高に宣言した手前なんですよ。

 

だけどね、言い訳をさせてください。

 

いざ勝負に出てみたら

 

 

楽勝過ぎて拍子抜けですよ。

 

 

いや、もちろん「勝って兜の緒を締めよ」とは重々承知です。

 

そんなことは1憶と2千年前から分かっているんです。

 

だけどなんか、むしろ自分だけが鼻息荒く意気込んでいただけで、なんか拍子抜けしてしまいました

 

大好きな恋人に告白する前、めちゃくちゃセリフを考えて、シチュエーションも烈火の如く考えて、人生のすべてを賭ける!ぐらいに思っていたのに、いざ告白してみたらあっさりと「いいよ~」って言われた…みたいな感じです。

 

そこで思ったんですよ。

 

ていうか思い出した言葉があるんです。

 

堀江貴文さんと西野亮廣さんの対談上(確かNP)での言葉なんですが

 

 

「日本って意外と世界に通用するよね。意外と結構イケルもんだよね」と。

 

 

言うなればそんな感じです。

 

いや、マジで。

 

虎視眈々と準備し、物事をめちゃくちゃ複雑に考えているそこのアナタ!!

 

 

意外と楽勝かもしれませんよ?

 

 

難しく考えすぎかもしれませんよ?

 

 

私も結構「周りにいる人間はみんな、自分より優れているんだ。きっと精鋭ばかりのエリートでとんでもない存在ばかりなんだ。凡人である自分は日頃からめちゃくちゃ努力しないと勝てない!」ぐらいに考えているタイプなんですが、意外とそうでもないかもしれません。

 

もちろん、上には上がいることも当然なのですが、なんというか、自分を過大評価するのは良くないですが

 

 

自分を過小評価しすぎるのもどうかと。

 

 

例えばですけど、

 

大企業に勤めている人間全員が、めちゃくちゃ志が高いかっていったらそうでもないですよね?

 

 

全員、イーロンマスク張りの目標があって、ゴリゴリにストイックに働いているかっていったらそうでもないですよね?

 

モンスター企業の人間と会って話したりすると、クレイジーなデカい目標を持っている自分からしたら「え?なんでそんな低いモチベでそんな大企業で仕事してんの?」ぐらいに思うこともたまにあります。

 

世の中って意外にそんな感じなのかもしれないんですよね。

 

私はつい最近、そう思いました。

 

繰り返しになりますが、驕っている訳では全然ないんです。

 

だけど大企業に勤めている、勤続年数が長い、バリバリのトップクラスのエリートよりも、

 

 

中小企業の0→1を作り出して、実際に結果を出して、生き残り、戦い続けている社長のほうがよっぽど戦っているのかもしれません。

 

まあ、どちらも社会に欠かせない存在ですから、どちらが秀でている、どちらが優れているなんていうこともそもそも、ないんですけどね。

 

なんだか文章がぐちゃぐちゃで上手い具合に伝えられていないかもしれませんが、とに

もかくにも

 

 

このブログ、再開します。

 

 

というか、やっぱりブログを休止するよりも、リアルタイムで成長していく私の考え、仕事に関して気づいたいこと、考えたことなどを、リアルタイムでブログでシェアしていったほうがいいな!と思った次第です。

 

良いのか悪いのか、少なくともやっぱり私にはその余裕があります。

 

というわけで皆様、これからはより一層タメになる、かつ、より一層くだらないブログをお届けして参りますので

 

 

シクヨロでぇ~す。

 

 

一流になりたければ、エリートより落ちこぼれに聞きなさい

一流になりたければ、エリートより落ちこぼれに聞きなさい