人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること。

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること。

 

 

これはアインシュタインの有名な言葉といわれているんですが、実はアインシュタインが言ったのではなく、昔から政治家が使っていた言葉だそうです。

 

 

さて、私はこの言葉が結構好きです。

 

好きっていうか、かなり的を得た言葉なので「確かに」と思わされるのです。

 

 

失敗は「そのやり方は間違っているよ」というサイン

 

 

どんなに闇雲に頑張っても、どんなに「努力は報われるのだァ!」と意気込んでいても、その努力が正しい方向に向かっていなければ、あまり意味がないともいえます。

 

失敗することに関しては悪いコトではありません。

 

悪いのは

 

 

失敗しても「どこが悪かったのか」を頭で考えず、改善せずに、また同じやり方で続けることです。

 

 

 

例えば、売れないバンドがたくさんライブをしているのにも関わらず動員について悩んでいるとき。

 

ただひたすらにライブの本数をもっと増やして重ねればいいだけでしょうか?

 

ネットの時代ですから、YouTubeSNSで工夫を凝らした宣伝をしたり、人がライブに来たくなるようなイベントを開催したり、他にもなにかやり方があるのではないでしょうか。

 

よく考えずに、とりあえず同じことを続けること。

 

これは本当に良くないです。

 

しかし古臭い日本の美徳なのかは分かりませんが「一心不乱に続けること」がかっこいいことのように言われていたりもします。

 

続けることは当たり前なんです。

 

 

日々、頭を使って改善しながら続けること

 

 

これがが大事なのです。

 

というか、よほどの狂った人間でなければほとんどの人が上手くいかない場合には「どうして上手くいかないんだろう…じゃあ次はこうしてみようか」と考えるはずなんです。

 

考えることを面倒臭がってしない人間は、自ら成功を遠ざけているようなものです。

 

多くの人間は失敗を嫌います。

 

でも私は思うのです。

 

 

失敗するのが嫌いなんじゃなくて、失敗した後にその原因などをしっかり考えて、自分と向き合うのが面倒で嫌いなんじゃないでしょうか。

 

 

それよりも「嫌なことは忘れてパアっと遊びに出掛けたい!!」という一時しのぎ的な感情の繰り返しの人生なのではないかと思います。

 

 

・成功しない人の考え方

 

とりあえず勇気を出してトライ!(そもそもトライすらしない人も数多くいます)

ああ…失敗した…

どうしてだろう…

分かんないや…

ああ、なんか考えるのも面倒くさいな…

ま、自分には向いてなかったか、才能が無かったということか…そういうことにしておこう。

よし、諦めていつもの日常に戻ろう!

やっぱりいつもと変わらない日常が一番だわ…ああ~落ち着く~

 

 

みたいな感じでしょうか。

 

勿論、私はそういう人達を否定している訳ではありません。

 

幸せは人それぞれです。それは分かっています。

 

しかし成功する人は、途中でモヤモヤしたまま、何かを投げ出したりしないのです。

 

ある種、成功する人っていうのも良い意味で狂っているので、自分が打ち立てた目標を達成するまではなんだか気持ちが悪くって、スカッとするまでは絶対にあきらめずに続けます。

 

仕事に憑りつかれたようにみえる人も「自分が描いだビジョンを現実のものにしたい!早くその景色を見たい!体験したい!」という、ただその一心なんです。

 

そのためには

 

 

失敗したら考える。改善する。

 

 

これはもう基本中の基本というか「空気を吸って吐く」ぐらいに当たり前のことといえます。

 

壁にぶち当たったときはひたすら考えましょう。

 

考えれば、必ず道は開けます。

 

 

 

「考えること」は最強の武器なのです。

 

 

 

 ↓「最強の武器」で思い浮かんだのはキーブレードw

デザインもさることながら、コンセプトも最高な武器です。

私が小学生の頃はキングダムハーツのキーブレードの真似事で、そこら辺の木の棒を持って、友達と戦っていましたwww