人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

生きてる内に「ありがとう」と伝えておけ。

愛と感謝を忘れずに生きる。

 

 

これは本当に大事。

 

例えばだけど、

 

 

あなたはどんな時に人生の素晴らしさを感じるだろうか?

 

 

ふとした時に思い出す、人生の最高の瞬間ってどんな時だっただろうか?

 

僕の場合、それは本当に些細なことなのだが

 

 

友人とくだらないことをして遊んだ思い出だったり、恋人と素敵な時間を過ごした夜のことであったり、家族と過ごした何気ない幼少時代の思い出だったりする。

 

 

最近じゃ朝食に食べる、シラスをぶっかけた白米を食べる瞬間に、溢れ出しそうなほどの幸せを感じたりもする(笑)完全にジジイだ。

 

 

 

 

まさしくモノより思い出ってやつ。

 

逆に車を買った時や、高い服やアクセや時計を買った時のことなんてさほど思い出には残っちゃいない。それほど感動もしなかったということだろう。

 

逆にお金のない中学校時代に100円寿司に行って、友人達と「一皿100円だけ食べて、お店を出たら、店員さんはどんな顔をするだろうか?」という遊びをしたことがあるが、あれは本当に楽しかった。

 

100円を握りしめて、マグロを一皿だけ食べて会計をする。

 

そのくせ無料のガリやお茶を大量に頂いて、空腹を満たす(笑)

 

思わず店員さんも爆笑もしていた。

 

「また来てくださいね」とも言われた記憶がある。

 

そう考えると、お金などさほどなくても人生は楽しめるし、やっぱりモノより思い出だよなあ~とも思う。

 

 

 

さて、話は少し逸れてしまったが、本日お伝えしたいのは

 

 

生きてる内に大切な人には愛と感謝を伝えておけ

 

 

ということである。

 

例えば、

 

「成功したら親孝行しよう」と考えるのは結構だが、成功する前からだって親孝行はできる。

 

成功したその時に親が亡くなってしまっていてはきっと後悔する。

 

成功してから高級リゾートに親を連れていくのは勿論素敵なことだが、そうじゃなくても、そこら辺のスーパーで買った安いワインなんかに「いつもありがとう」という言葉を添えてプレゼントしたっていいはずだ。

 

それは今からだってできる。

 

少なくとも私が親で、子供からそんなことをされたら嬉しい。

 

安ワインでも「その気持ちだけでも嬉しいよ」と。

 

大切なのは気持ちだ。

 

そこに愛があれば、充分なのだ。

 

 

 

 

最近見た映画でとても泣ける映画があった。

 

「アンコール!」という映画。

 

 

 ↓90分ほどの短い映画なので忙しい人にもぜひ見て欲しい。オススメ。

アンコール!! (字幕版)
 

 

 

女優の戸田恵梨香さんがインスタで紹介していて「どんだけ泣かすの?」とコメントしていたのだが、案の定、私も3回ほど泣いた(笑)

 

大切な人に「ありがとう」と伝えること、素直になることっていうのは簡単なことだが、それは同時に恥ずかしいことでもある。照れ臭い。

 

だけど勇気を振り絞って一歩踏み出すことは、とても価値のあることだ。

 

笑われてもいいから、素直になった方が絶対にいい。

 

というか素直な人間を笑うような人間はいないだろう。

 

 

ほんの小さなシアワセの積み重ね。

 

 

それが本当にかけがえのない大切なものになるのだ。

 

本当にそう思う。

 

いつか人生の幕を下ろす時に思い出すのは絶対に、くだらないことで笑った記憶であったり、なんてことない一日の綺麗な青空であったり、心地よい風や太陽の光であったりするだろう。

 

些細なことに幸せを感じることのできる才能を身に付けるべきなのだ。

 

 

「お金持ちになったら幸せになれる」

 

「成功したら自分は充実した人生を送れる」

 

「結婚したらきっと幸せになれる」

 

「イケメンになってモテたら幸せになれる」

 

 

どこに幸せを見出すのか、感じるのか、それは自由だが、それはもしかしたら幻想にすぎないという可能性もある。

 

幻想を追い求めて、気づいたら人生の大切な時間を浪費していた…なんてことにはならぬようにしたい。

 

幸せは足元に転がっている。

 

産まれてから死ぬまでずっと、身の回りに空気のように存在するもの。

 

それが幸せ。

 

幸せは「ある」ものでも、「訪れる」ものでもない。

 

 

ただ気づくかどうか、感じられるかどうかが問題なんだ。

 

 

だから私は365日24時間ハッピーでラッキーな人間なのだ。

 

しかも死ぬまでずっと。

 

 

アンコール!! [DVD]

アンコール!! [DVD]