人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「手のひら返し」はある種、普通なこと。

僕も含めてそうなんですが、

 

 

今回のワールド杯の日本代表についての日本国民の手のひら返しは相当なものでしたよね(笑)

 

 

メディアもそうだったし、ネット民の反応もそうでしたけど…ワールド杯が始まる前は散々ボロクソに言われてましたけど、ベルギー戦が終わった頃にはまるで勇者のように扱われています(笑)

 

今回の日本代表は西野監督に代わって、最初の親善試合の2戦にボロ負けして、相当叩かれました。(僕も叩きました。すいませんでした。)

 

多くの人から「今回の日本代表はつまらない…ワールドカップは盛り上がらない…」とまで言われてましたよね。

 

しかし、ワールドカップ本戦前の最後の親善試合で見事に勝利、それからまあ

 

 

手のひら返しです。

 

 

そっからさらに勢いに乗り、コロンビア戦で勝利し日本代表万歳となり、セネガル戦でも大盛り上がり。

 

僕も叩いてましたが、ケイスケホンダ選手が得点に絡んだりし始めると「ケイスケホンダさん、ごめんなさい!」と、手のひら返しをする訳ですよ。

 

決勝トーナメントのベルギー戦だって、あそこまで健闘したんだから、やっぱり称賛に値しますよね。

 

西野監督だって、ワールド杯前と後じゃ、全然違う評価を受けています。

 

「監督を続投してほしい」という声が多いでしょう。

 

選手たちも同様、急にヒーロー扱いです。

 

こういういわゆる「手のひら返し」について、あまりよろしくない意見を持つ人もいるでしょうけど…

 

でもね、僕は思うんですよ。

 

 

 

結果が全てなんだから、手のひら返しはある種、当然のこと。

 

 

 

ていうか、サッカーを見るほとんどの人が素人な訳ですよね。

 

そういう人たちがどこで評価するかっていったらやっぱり

 

 

・点を決めたかどうか

 

・試合に勝ったかどうか

 

 

ぐらいな訳じゃないですか。

 

頑張ってああいう練習をしているとか、意識が高くてこういう行動をしているとかまでは、知らないんですよ。

 

どこで判断するかといったら、やっぱり試合で得点することであったり、勝つことであったり、誰が見ても素晴らしい守備をすることであったりですよね。

 

そんぐらいシンプルなんです。

 

だったらやっぱり点を決めたら手のひら返しで評価したり、試合に勝ったら急に応援したりする流れって、別に普通だと思うんですよ。

 

これはスポーツに限らず、仕事でもなんでもそうでしょう。

 

誰だって、結果を出す人が好きな訳です。

 

 

てな訳で今まさに日本サッカー代表に起こっている「手のひら返し」ってのはある種、普通なことなんだよな~って思ったりしています。

 

 

まあ、ベルギーには勝って欲しかったですが、全力でぶつかって負けたなら、責められないですよね。それが実力ですから。

 

あとは、もっともっと強くなってほしい。

 

そう願うだけです。

 

いや、日本のサッカーは変わってきていますよね。明らかに。

 

少しずつ、強くなっていき、そしていつしかサッカー強豪国になって欲しい。

 

そんで

 

 

ワールド杯優勝も夢じゃない。