人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

内面的に愛される方が100倍価値がある。

昔、なにかのコラムで読んだのですが「結婚相手に求める条件として年収○○千万以上にこだわる女性」の話です。

 

こういうのって人それぞれだし、本当に自由だとは思うんだけど

 

 

マジでくだらないと思います。

 

 

僕の知り合いの女性も「外車に乗っている男じゃないと絶対に嫌だ!」みたいなことを言っているのがいて、失礼ですが鼻で笑ってしまいました。

 

そういうことを言う人っていうのは自ら「私は小物です」って言ってるようなものだし、そもそも

 

 

自分の中にあるコンプレックスを男で補おうとしているだけ

 

 

だと思うんです。

 

年収○○千万以上が条件とか、外車に乗ってないとダメとか、そういうことを言うのは別にいいんだけど、じゃあ冷静に翻って考えてみて

 

 

自分はそれに値する、価値のある女なのか?

 

 

ということです。

 

おそらく、プライドの塊なので「自分は凄い」「自分はモテる」「自分は他の女とは違うのよ」ぐらいに思っているでしょうから、客観的に自分を見つめて、自己否定なんてできないのでしょう。

 

 

お金の多い少ないでしか相手の価値を測れないなんて悲しすぎる

 

 

話は最初に戻りますが「結婚相手に求める条件として年収○○千万以上にこだわる女性」の話です。年齢は30代中盤ぐらいの女性だった気がします。

 

この女性は今までたくさんのお金持ち(経営者とか、医者とか、大企業のエリートとか)と付き合ってきたから、段々と相手に求めるハードルが高くなっていったらしいんです。

 

女性「お金持ちの男性はレベルが高い、話の内容のレベルも高い。だから年収の少ない人は話が合わなくて、結婚とかも考えられないんです」

 

その記事はインタビュー形式でまとめられた記事だったのですが、このインタビュアー(おそらく男性)が鋭いツッコミをしていました。

 

インタビュアー「あなたは相当おモテになるようですね…しかしお言葉ですが…

 

 

あなたは本当に心から男性に愛されたことがないんじゃないですか?

 

 

多くのお金持ちの男性と付き合ってきて、でも結局は相手からプロポーズをされていない…つまりは相手の男性から見たらあなたは常に遊び相手程度に見られていたのではないでしょうか?」

 

このインタビュアーは相当に辛辣です(笑)

 

しかしその女性の方もやはり薄々違和感には気づいているようでした。

 

 

女性「そうですね…そういわれてみると…心から愛されてはいなかったのかもしれません…」

 

 

う~ん…そこまで薄々気づいているんだったら、何故「お金」にこだわるんでしょうか。

 

なぜ相手を選ぶ基準としてまずは「お金」が先行してしまうんでしょうか?

 

「綺麗事だけじゃ生きていけない、お金だって大事なのよ!」というのは分かります。

 

確かにお金はあるに越したことはありませんが

 

 

幸せというのは結局は気持ちの問題なんです。

 

 

「いやいや、お金があれば愛は生まれるのよ。お金があれば幸せを感じられるのよ」という人もいるでしょうけど

 

 

今現在に幸せを感じられない人っていうのは、この先いつまでたっても幸せを感じられないのではないでしょうか。

 

 

「幸せな人」っていうのはある種、面白い才能を持っていて、どんなに苦しい瞬間でも、そこからたった1%の光を見つけて、そこにフォーカスする才能があります。いわゆるポジティブってやつです。

 

でも「不幸な人」っていうのはその逆です。

 

99%満たされているのに、たった1%のマイナス部分にフォーカスするんです。いわゆるネガティブってやつです。

 

つまり死ぬまでずっと「粗探し」ばかりするんです。イタチごっこです。キリがありません。

 

そんなんじゃいつまでたっても変わらないんですよ。

 

全財産100万円でも毎日楽しく使いながら過ごせる人と、全財産1億円持っていても「まだまだ足りない!」と血まなこになって過ごす人。

 

これ、結局は気持ちの問題ですよね。

 

 

人間の人生を形成するのは人間の思考の部分なんです。

 

 

かなり話はそれましたけど、まあ要するに何が言いたいかというと

 

 

美人なんてたくさんいるけど、内面が穏やかで心の美しい女性っていうのは数少ないから、そっちの方が価値がある

 

 

ということです。あくまで僕個人の見解ですが。

 

内面的に愛される方が100倍価値があると思うんですけどね。男も女も。

 

 

 

ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

 

  

大人になるほど愛される女は、こう生きる (KAORU SAITO BOOKS)

大人になるほど愛される女は、こう生きる (KAORU SAITO BOOKS)