人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「たった一手間」で得られる大きな効果。

解りやすい例としてメルカリを挙げます。

 

AさんとBさんがいたとして、全く同じプリントTシャツを売るとしましょう。

 

 

~Aさんの場合~

写真数はフロントの1枚だけ

【説明文】

プリントTシャツです。

サイズはMです。

 

 

 

~Bさんの場合~

写真数はフロント、バック、プリント部分、タグ部分の4枚フル活用

【説明文】

プリントTシャツです。生地は厚めでしっかりとした作りです。目立った傷や汚れもなく、美品です。

サイズはMになります。

着丈68

身幅52

肩幅40

袖丈19

メンズのTシャツですが女性の方も着用頂けると思います。

そのほか何か質問等ございましたらお気軽にコメント下さいませ♪

 

 

 

これ、どっちが売れると思いますか?

 

 

 

おそらく、Bさんの方が売れやすいと思います。

 

というか僕だったらBさんの方で買う。

 

まず服の場合ですが、ほぼ100%の割合で着丈や身幅などの採寸情報は相手から質問されるので、質問される前にこちらから書いておくべきです。同じMサイズでもその服やブランドによって着丈などはバラバラだからです。

 

 

 

上記はかなり極端な例で書きましたが、要するに何が言いたいか。

 

 

 

「たった一手間」を加えられるかどうか。

 

 

 

これが商売ではかなり大事だと思っています。

 

何もメルカリに限った話ではありません。

 

例えばレストランなんかでも、食後のコーヒーを一杯サービスする店と、そうじゃない店。

 

コーヒーだけしかサービスしない店と、コーヒー・紅茶・緑茶の3種類から選べる店。

 

こういったほんの些細な一手間が実はお客さんの心に大きく響く要因だったりもします。

 

(勿論、サービスはあくまでサービスですから、オマケです。根本的に味がマズい店や、接客が最悪な店はいくらサービスしても論外ですw)

 

相手の気持ちを考えることを突き詰めていくと、サービスや商品の質、すなわちビジネスの質というのは上がっていくのではないでしょうか。

 

ほとんどの人が楽して稼ぎたいって思っていますから、相手の気持ちを真剣になって考えることまでは頭が回りません。

 

しかし仕事の本質ってのは社会の役に立つこと、すなわちお客さんからその対価としてお金を頂くことですから、相手の気持ちを考えること無くしての成功ってのはありえないのではないでしょうか。

 

そもそも楽して稼ぐことよりも、まずは「相手に喜んで貰いたい」という気持ちが先行していれば自ずとお客さんのことを考えまくったサービスに行き着くんです。

 

面倒かもしれないその「たった一手間」を惜しまず、率先してやれるようになるんです。

 

 

楽して稼ぎたい=自分のコトしか考えていない

→そもそも売れない、商品・サービス以上の価格が付いている、卑しさがバレバレ、極端な話クソぼったくり

 

 

お客さんに喜んで貰いたい=相手のコトを考えている

→売れる、人気が出る、価格以上の価値がある商品・サービスで大満足、リピーターやファンができる、勝手に口コミで宣伝される(良い物ってのは勝手に広まっていきます)

 

 

僕がいつも胸の中で大事に唱えている言葉があります。

 

先輩から教わった言葉なのですが

 

 

「売れている店、成功している人、好調な企業ほど実は当たり前のことしかやっていない」

 

 

こういうことなんですよね。

 

相手の気持ちを考えて「たった一手間」を惜しまない。

 

それって実は特別でもなんでもなくて、当たり前のことなんです。

 

仕事ってのは社会の役に立つことです。

 

多くの人の役に立てば立つほど、多くの人を喜ばせれば喜ばせるほどに、お金を頂けるという実にシンプルなシステムでこの世界は回っています。

 

なので「お金が欲しい~!稼ぎたい~!!」って人ほど、まずはそういう欲を忘れて、相手の気持ちを考えるのが大事です。

 

センターピン、本質を捉えればお金を稼ぐことはさして難しい事ではないと気づくはずです。

 

 

人の気持ちがわかる人、わからない人

人の気持ちがわかる人、わからない人

 

 

 

人は感情でモノを買う

人は感情でモノを買う