人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

性格が悪い美人よりも、ブスの僻みの方がよっぽど大問題。

よく聞く言葉。

 

「可愛い子は性格が悪い」

 

どういう統計なのかよく分からないのだが、よく聞くセリフではないだろうか?

 

きっと可愛い子に嫉妬するブスや、可愛い子にフラれた男の憎しみの感情などからこういった噂みたいなのが生まれたのだろう。

 

でもね、

 

 

そういうことを口に出す方も相当に性格が悪いのだ。

 

 

「可愛い子って性格悪い子が多くない~?」

 

「でもあの子さ~確かに可愛いけど~性格に難ありだよ」

 

とか言ってる自分も相当ヤバいことに気づくべきだ。

 

というか普通にこの世界には

 

・性格がいい美人

・性格が悪い美人

・性格がいいブス

・性格が悪いブス

 

色んなパターンが普通にいる。男も同じ。

 

「美人だから性格が悪い」とかではない。

 

逆に「ブスだから性格がいい」とも限らない。

 

そうじゃなくて

 

 

個人の問題。人それぞれなのだ。

 

 

そしてこれはあくまで私個人の見解にすぎないけど

 

 

イケメン、美人の方が心に余裕とゆとりがあるから、遥かに性格が良く感じる。

 

 

ネチネチしたネガティブさがないから、そう思うのかもしれない。

 

「それは容姿がいいからそう感じるだけだ」「美人は今までチヤホヤされてきたから性格がよく育ってきたんだ」って言われるかもしれないが…だったら尚更、自分の外見に自信がない人間は

 

 

内面を磨くべきじゃないだろうか?

 

 

そんで自分の外見が全然好きになれない人は整形をすればいいと思う。

 

私は整形は全然アリだと思う。

 

自分がモテないのは外見のせいだと思い込んで、さらなる沼にハマっていく人は多い。

 

本当にそうだろうか?

 

自分の勝手な思い込みで、外見より高い次元で内面をちゃんと見ようとしてくれている相手を遠ざけて、傷つけてしまったりなどしていないだろうか?

 

「自分の容姿が悪いから…自分の性格がひねくれてしまうのは仕方がない…」

 

じゃなくて、そこまで分かっているんだったら

 

 

自分を変えていく努力をしよう

 

 

そういうことなのではないだろうか。

 

自分には価値が無い、自分はモテないと勝手に思い込んで、勝手にメソメソしている人を見ると悲しくなる。

 

そんな人は絶対にモテない。

 

 

 

生まれつき美人に見せる

生まれつき美人に見せる

 
“一生美人

“一生美人"力 人生の質が高まる108の気づき