人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

仕事=社会の役に立つこと。

世の中には2種類の人間がいるのではないでしょうか。

 

 

・仕事が好きな人間

 

・仕事が嫌いな人間

 

 

この2種類です。

 

僕は仕事が好きです。大好きです。僕はファッションECの運営をやっているのですが、毎日が楽しくてたまりません。

 

夜遅く寝て、朝早く起きるのも全く苦ではありません。

 

そんな僕ですが、今の仕事をやる前は工場勤務でした。

 

夜勤があったりする交代制の工場勤務で仕事をしていました。

 

その時の僕はどうだったのかというと

 

 

仕事が大嫌いでした。

 

 

朝起きるのが憂鬱で、仕事中もいかに適当にやりすごすかだけを考えて、早く時間が過ぎないかな~なんてことを毎日考えていました。

 

生理的に受けつけないような上司などもいて、人間関係でもまたストレスを抱えていましたね。

 

しかし勿論、工場勤務だって立派な仕事です。工場が稼働しなくては世の中は回りません。

 

ですが、自分の好きではない、得意ではないことを仕事にするっていうのは相当な苦行だった訳です。

 

興味が持てない、だから向上心もない、適当にダラダラと過ごす。

 

じゃあ僕はなぜそういう場所で働いていたのか?

 

 

お金のためです。

 

 

僕が働いていた工場はかなり景気が良く、作れば作るだけ売れる状況で、むしろ全然生産が間に合わない、まさに嬉しい悲鳴のようなものをあげていました。

 

さらに工場勤務は夜勤もあったせいで、給料がすこぶる良かったのです。

 

しかしです。

 

毎日ストレスを感じ、何の刺激もないルーティーンな日常を過ごしていて僕は思いました。

 

 

もしお金が貰えないとしても、僕はこの仕事をずっと続けるだろうか?

 

 

答えは決まっていました。

 

 

いや、僕は自分の好きなこと、得意なことを仕事にしよう、と。

 

 

たとえ、それで工場勤務の時よりもガクッと給料が下がり、生活レベルがグーンと落ちたとしてもそれでいい。

 

自分の人生に対して、自分自身の心に対して、魂に対して、もっと敬意を払って生きようと決めました。

 

そんで元々洋服が好きだったので独立してファッション通販サイトを今は生業としています。

 

今では自分の作った洋服が売れる、自分のセレクトした洋服が売れる。

 

お客さんが喜んでくれる。

 

リピーターができる。

 

とにかく今までにない充足感を感じてます。

 

 

自分の好きなこと、得意なことで社会の役に立つ。

 

これこそが最高の幸せなんじゃないだろうか

 

 

今はそう思っています。

 

昔の僕の考え方っていうのは

 

 

仕事=お金を稼ぐこと

 

 

という認識でした。

 

勿論、お金は大事です。僕も数字は気にします。

 

しかしそれ以上に僕が今、好きなことを仕事にしていて感じているのは

 

 

仕事=社会の役に立つこと

 

 

こういうことなんじゃないかなって思う訳です。

 

勿論、工場時代も社会の役には立てていたとは思うんですけど、それよりももっと社会の役に立つにはやっぱり

 

 

自分の好きなこと、得意なことを仕事にするべき

 

 

そう今は確信しています。

 

僕は洋服が好きだからハッピーな気持ちで、ハッピーな商品を、ハッピーなコンテンツを通してお客様に届けることができる。

 

だから興味のない仕事をしていた時よりも数倍、数十倍も社会の役に立てている、社会に貢献できていると感じるのです。

 

 

 

 

ぜひあなたも自分の心に聞いてみて下さい。

 

 

・仮にお金が貰えないとしても、今の仕事を続けることができますか?

 

・「仕事=お金を稼ぐこと」というイメージだけを持っていませんか?

 

・「仕事=社会の役に立つこと」という考え方も取り入れてみませんか?

 

 

 

お金は追えば追うほどに逃げていくものかもしれません。

 

 

 

お金のいらない国

お金のいらない国