人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

挫折しそうになった時に考えるべきこと。

人生、真剣に物事に取り組んでいれば必ずしも

 

 

・挫折しそうになる瞬間

 

・諦めたくなる瞬間

 

・気が、精神が、心が滅入る瞬間

 

 

そういう瞬間が訪れることでしょう。

 

 

受験勉強がマジでつらい、英語のリスニングがもうちんぷんかんぷんだ…

 

部活で野球をやっているが、試合で全然打てない…全然守備が上手くできない…俺、下手なのかな…

 

趣味でギターをやっているが速弾きが難しすぎて出来る気がしない…もうやめよっかな…

 

自分のビジネスに取り組んでいるが利益が出せず資金が尽きそうだ…そろそろ本当にヤバいかもしれない…

 

 

こういった瞬間というのは本気で真剣に物事に取り組んでいれば必ず感じることがあると思います。

 

さて

 

こういう時というのは一体どういった心構えでいるのがベストでしょうか?

 

まず僕が思うにですけど「挫折しそうになる」「諦めたくなる」「精神的に追い込まれてツラい…」っていうその状況、その感情っていうのはまさに

 

 

本気でやっている人しか味わえない貴重で崇高な体験、感情、状況

 

 

だということです。

 

毎日何も考えずに遊びほうけているだけの人間には決して味わえない感情です。

 

本気で物事に取り組んでいる、真剣に取り組んでいるからこそ、不安も生まれるし、迷いも生まれます。

 

むしろそういった感情が生まれること自体がありがたいことだと思うべきです。

 

そしてそういった感情をパッと魔法のようにかき消すようなテクニックなんて、やっぱり存在しないんですよね。

 

どうあっても迷うし、不安だし、葛藤します。

 

でもそれでいいんです。

 

迷いましょう。

 

苦悩しましょう。

 

葛藤しましょう。

 

泥水に顔を突っ込んで、地べたを這いつくばりながら、生きるか死ぬかの瀬戸際をもがいてもがいて、苦しみましょうよ。

 

それでも絶対に

 

 

HP1の状態でもいいから生き続けるんです。

 

やり続けるんです。

 

諦めずに頑張るんです。

 

 

HPが0にならない限りは負けではありません。

 

そしてそういったギリギリの状態でしか、人間は成長できないと思います。

 

毎日が平穏過ぎても、生まれるのは慢心ぐらいです。

 

現在ギリギリな状態であるならば、それは成長できるチャンスですから、ありがたく受け止めて思う存分にもがけばいいんです。

 

 

ワンピースのルフィがCP9最強の男ルッチと戦った時、ルッチにボコボコにされて一時は先頭不能状態になりました。

 

それでもルフィは再度立ち上がり、こう言います。

 

 

 

「まいったなんて…言ってねェ!!」

 

 

 

そして渾身のゴムゴムのJETガトリングをお見舞いしてルッチに勝利します。

 

まさにこれですよ。

 

たとえ失敗し続けて、大赤字になろうが、借金を抱えようが、世間から笑われようが、あなた自身が諦めない限りは負けではありません。

 

もう一度最初から何度でもトライすればいんです。

 

成功するまでしぶとく、しつこく、何度でも勝つまで。

 

 

では、まとめます。

 

挫折しそうになった時、諦めそうになった時、くじけそうになった時、

 

 

 

その感情にも感謝し、ギリギリで戦い、決して「まいった」と言わないことが大切です。

 

 

その先に必ず成長と成功があなたを待っています。

 

必死こいて頑張っている人間にしか手にすることができない成長と成功です。

 

もがき苦しむことは決してカッコ悪いことではありません。

 

 

 

 

ONE PIECE 44 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE 44 (ジャンプ・コミックス)