人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

あなたの勝負はもうすでに始まっている。

「いつかはきっと…」

 

「夢が叶ったらきっと…」

 

「その時がきたらきっと…」

 

違う。

 

 

あなたの勝負はもうすでに始まっている。

 

 

今この瞬間からもうすでに「理想の未来の自分」と全く同じ過ごし方、時間の使い方、考え方をしてみよう。

 

「そんなの無理だ!!」と思うかもしれないが、少しずつでもいい。理想的な自分の姿に考えや行動をフィットさせていこう。

 

プロになってからハードな練習をするのではない。

 

ハードな練習をしているからこそプロになれる。

 

モデルになってからトレーニングや食事制限を習慣化させるのではない。

 

トレーニングや食事制限を習慣化しているからこそモデルになれる。

 

 

未来は鏡だ。

 

今の自分の姿が反映されて、未来になる。

 

 

これが逆算ってやつだ。

 

成功している人、プロのスポーツ選手、アーティスト、みんなもうそれを目指すと決めた時からマインドはもうすでプロになっているのだ。

 

だから妥協がないし、ストイックであり続けられるし、自己マネジメントもしっかりできる。

 

 

今回のオリンピックで銀メダルを獲得したスノーボード平野歩夢選手のとあるインタビューを読んだ。

 

前回のオリンピックでは15歳だった彼。

 

今回のオリンピックでは19歳になった。

 

まだまだ若いが、この4年間で彼は人間的成長の大切さを知ったという。

 

平野選手のコーチいわく「滑りだけじゃ頂点には立てない。人間的にも成長しなければと思ったんでしょう」と語っている。

 

平野選手自身も「自分と意見が違う人もいる。だけどそういう人からも学べることがあるし、吸収できる部分は吸収した方が今後の自分のためになる」と語っていた。

 

こういう考え方ができる19歳って凄い。

 

それに比べて僕が19歳の頃なんてゴミクズ以下だった(笑)

 

平野選手は「日本人がスノボーで金メダルを取るには、相当突き抜けないと難しい。ずば抜けて凄い!と思われなければ難しい」と言っていた。

 

横乗り系のスポーツというのは海外がムーブメントの発信地ということもあり日本人というだけで少しナメられてしまうらしいのだ。同じ技を披露しても若干点数が低くみられることもあるそうだ。

 

だからこそ彼はさらに努力をするだろう。

 

今後さらにズバ抜けるだろう。

 

とてもかっこいいことじゃないか。

 

19歳の青年が世界で戦っている。

 

我々も負けてはいられません。

 

フィールドもルールもゴールも違えど、自分らしく己の人生を輝かせましょう。

 

 

 

あなたの勝負はもうすでに始まっています。

 

 

さあ、今日は何をしますか?