人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

【極論】やる人はやる。やらない人はやらない。

どれだけ影響力のある本を読もうが、どれだけ影響力のある人の話に触れようが、どれだけ時間とお金を持て余していようが結局は

 

 

やる人はやる。やらない人はやらない。

 

 

この一言で片付いてしまいそうな世の中です。

 

というのも放っておいても優秀な人っていうのは自分で色々経験して自分で勝手に成長していくし、逆にどんなに手をかけてどんなにアドバイスして尽くしても何もやらない人はやらないからです。

 

そもそも「成功しよう」なんて考え方は押し付けるものでもないし、押し付けられるものでもない。もっと自発的でなければいけません。

 

「幸せ」なんて人それぞれなんで、別にお金なんて稼がなくとも「幸せ」ってのは感じられるのは事実です。「幸せ」かどうかは気持ちの問題なので。そもそも何が「成功」で何が「幸せ」かすらも自分で決めることです。親が「こういう生き方が幸せ」と説いていてもそれが子供の「幸せ」に当てはまるとは限らないのと一緒です。

 

ただ「どうしても現状に満足できなくて、何かやりたい…だけど今一つ行動に移せない…気持ちが動かない…」っていう人は

 

 

必要性を無理矢理にでも作ればいいんです。

 

これが一番手っ取り早いです。

 

例えば「独立したい」とか「自分でビジネスを始めたい」って思っているならば、貯蓄なんざなくても今の仕事をやめて即座に独立すべきです。

 

それにビジネスなら副業でもいくらでもできます。

 

最初は小さく失敗した方がいいので副業ぐらいから始めた方がいいかもしれません。副業ということはその分「本気度」も薄れるということになり、それもまたデメリットですが、リスクはだいぶ軽減されるし、いきなり大きな痛手を負わなくてすみます。

 

いきなり独立してバカでかいリスク負って、失敗して、それすら糧にするのか。

 

最初は副業で始めて、本当に楽しいかのかどうか、これが自分のやりたいことなのかどうかを見極めるのか。

 

全部、個人の自由です。正解はありません。

 

とにかく環境を変えて必要性を作れば、おのずと稼がざるを得ない状況になりますから、そうすれば絶対に行動せざるを得ません。

 

それが必要性ってやつです。

 

そういうとよく「でも今の仕事を急に辞めたら生活ができない」とか言う人がいますがそんなことはありません。

 

恥もプライドも何もかも捨てて

 

 

生活レベルを落とせばいいんです。

 

安いボロ部屋の一室から仕事を始めるのもいいと思うし、1日2色のふりかけご飯でも食べるのもいいと思います。

 

スガシカオはミュージシャンになるために仕事を辞めて、当時は胃薬をご飯にかけて食べていたと聞きます(笑)胃薬かけるぐらいなら白米をそのまま食べた方が絶対にマシだとは思うんですが…(笑)

 

それでもきついなら本業に差し支えない程度にアルバイトでもなんでもすればいいんです。

 

大丈夫です。

 

失敗したところで誰も気づきませんし、誰も他人のことなんて興味がありません。

 

というか失敗を経験せずに成長はありえないので、失敗するなら早めにした方がいいのです。

 

とりあえずやりたいように行動してみて、失敗を経験してみる。

 

そんでその失敗を捉え、自分がどう思うかがカギです。

 

「なんだコレ…割に合わねーや…」

 

と諦めるのもいいし、

 

「マジで悔しい!絶対に成功してやる!!」

 

と燃えるのもアリです。

 

やる人はやります。

 

やらない人はやりません。

 

ただそれだけです。

 

時間だけが神様が我々に与えてくれた唯一平等なものでしょう。

 

その時間をどう使うかがカギです。

 

失敗を恐れて時間を無駄に浪費することが一番の失敗だと僕は思います。

 

「失敗すること」にも時間を割いた人が得られる経験値は

 

 

はぐれメタルに匹敵します。