人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

人と違うことを恐れていたらつまらない人間になってしまう。

人と違う。

 

周りと違う。

 

考え方が違う。

 

好みが違う。

 

それはとても自然なことでむしろ健全なことなのに、そういったことを恐れて、自分の個性を殺して生き続けていくと結果

 

 

誰からも相手にされないつまらない人間になってしまう。

 

 

自分が好きならどんなに流行っていないブランドの服だろうが着ればいいと思うし、逆に自分が嫌いならどんなに流行っているブランドだろうが着る必要はない。

 

これを選んだら馬鹿にされるかな?とか

 

こんな発言をしたら馬鹿にされるかな?とか

 

こんな生き方を選んだら負け組かな?とか

 

そんなくだらないことを考えている暇なんて人生にはないはずだ。

 

流されやすいタイプっていうのはいるんだけど、そんな生き方で本当に幸せを感じているのかな?とつくづく思う。

 

心から胸張って「幸せだ!」と言えるんだったらそれはそれで構わないけど。

 

仲間外れにされるのが怖い…なんて言ってるような、そんな考えを持っているようなやつほどつまらないやつはいない。

 

いいじゃん、別に。

 

「仲間外れにされても別にいいや~」ぐらいに思わないと。

 

人間なんてハナから一人なんだから。

 

一人で生きていく強さがないんだったら、そういう強さを育めばいい。

 

僕は基本的に一人でどこにでも行く。一人旅とか超好きだ。

 

そんで観光地とかに一人でいることがカッコ悪い、恥ずかしいなんて思ったことは一度もない。

 

勿論、隣に誰かいればもっと楽しさは倍増するだろうなとは思うけど、一人でも別に楽しめる。

 

僕は別に成功者でもなんでもないんだけど、よく聞く話で「成功者は変人が多い、変わり者が多い」なんていうけれど、人間なんてみんなそれぞれ個性があるんだから、そういう意味ではみんな変人で変わり者なのだ。

 

普通の人なんて世の中にはいなくて、ただ自己主張が出来ずに、周りと合わせてばっかりの人が結果「普通の人」として扱われるだけだ。だって個性を押し殺しているんだから面白いことが言えない訳でしょ?ぜってーそんな奴、つまらないじゃん。

 

 

人と違うことを恐れていたらつまらない人間になってしまう。

 

 

これからの時代、さらに個性を大事にしていかないと本当に厳しい時代になっていくだろう。

 

誰にでもできるような仕事はロボットがやるようになるから。

 

代わりがいない、代用が不可能な、そんな存在になっていかなければならないのだ。

 

 

 

そんなことをこの大寒波の中、考えております(笑)