人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

雨が降っても槍が降っても充足感に目を向けるべし!!

まず最初に充足感に目を向けている人と、不足感に目を向けている人の違いの例を紹介しよう。

 

 

例えば頭髪が薄くなってきているとして友人に「あれ?お前最近ハゲてきてね?」と言われた場合。

 

 

~充足感に目を向けている人のパターン~

 

 

「そうなんだよ!マジでヤバいんだよ最近!シャンプーしてる時とかにがっさごっそ抜けるの!だからもったいなくてそれ拾い集めてまた髪にボンドでくっつけてるんだよね!ってそのボンドがまたさらにハゲ加速させるわっ!アホかぁぁ!!もういっそスキンヘッドにしようと思ってるわ。そしたらバイきんぐの小峠みたいになってモテるかな?って誰がチンポコヘッドだぁぁぁ!!!!」

 

 

とこんな感じで非常に楽しそうである。

 

 

むしろハゲすらネタにして気さくでなんかおもろい。

 

 

憎めない。むしろハゲてて可愛い。

 

 

 

では次に

 

 

 

~不足感に目を向けている人~

 

 

「え…そうかな…あはは…(内心:やばい、どうしよう。俺このままハゲるのかな。マジで最悪だ。もう生きてるのがつらい)」

 

 

そして家に帰ってやたらと育毛剤について調べたり、リーブ21の資料を請求したり、カツラをアマゾンで買ってみたり。そして毎日毎日頭をマッサージしてみたりする。会社のトイレで休憩のたびに鏡で髪型をチェック。女々しい。

 

 

別にハゲでいいじゃん。

 

ハゲでも渡辺謙みたいになればいい。

 

 

とまあ、あくまで極端な例を紹介したがこのように充足感に目を向けている人と、そうでない人の場合では人生に大きな明暗の差が生まれるだろう。

 

 

人生とは、人間とは、

 

 

思考が全てだと思っている。

 

 

マインドが全て。

 

 

明るいことを考えていたら明るい人生になる。

 

 

暗いことを考えていたら暗い人生になる。

 

 

大きなことを考えていたら大きな器を持った人間になれる。

 

 

小さなことを考えていたら小さいみみっちい人間になる。

 

 

これ、シンプルだけど真理だと思っている。

 

 

どんな一流企業の創業者でも、途端に弱気になりつまんないことを考え出したら、その企業は傾き始める。

 

 

超一流のスポーツ選手でも、傲慢になって初心を忘れて努力を怠ったりし始めたら、衰退し始める。

 

 

成功者には謙虚な人が多い。

 

 

そうだろうか?

 

 

いや

 

 

謙虚だから成功できるのだ。

 

 

謙虚であることが「まだまだこんなものじゃない」と飽くなき探求心を生むと分かっている。すなわち、謙虚であることが成長を止めない鍵なのだ。現状に満足してしまってはそこで自分の成長を自分で止めてしまうことになるのだ。

 

 

傲慢になって調子に乗り出したら、成長が止まってしまうということを本能的に分かっているのだろう。

 

 

野球界のレジェンド・イチローの謙虚さはその分かりやすい例だろう。

 

 

アパレル界の王者、ユニクロの柳井さんですら「1勝9敗」と言っている。

 

 

最近ゾゾスーツで話題の、スタートトゥデイの前澤さんは現状に満足することなく、さらにユニクロの市場、顧客まで取り込もうとしている。ゾゾは「ファッション」、ユニクロは「ライフウェア」としてそれぞれ王者に君臨していた。しかしこれからゾゾはユニクロがほぼ独占していた「ライフウェア」すらも取りに行くのだろう。とてもかっこいいし、面白い。

 

 

おっと、話がズレてしまった。

 

 

とにもかくにも人生を楽しく生きるためのコツは

 

 

雨が降っても槍が降っても充足感に目を向けるべし!!

 

 

ということである。

 

 

↓この本は面白いです。日本人に不足しがちな「無駄」や「ゆとり」こそが人間力を高めるものだということが記されています。ちなみにハゲでもモテる術も書いてありますw

 

男の品格 (PHP文庫)

男の品格 (PHP文庫)