人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

人の悪口を言わないための具体的なテクニック。

先日~人の悪口を言わないためには「意識する」しかない~というブログを書いた。

 

 

「んなこたぁ~分かっているんだよ。だけどついうっかり悪口って言っちゃうんだよ!」

 

 

という声が聞こえてきそうだ。

 

 

それもそのはず。

 

 

だって悪口ほど盛り上がる話のタネはないから。

 

 

信頼関係が構築されている間柄で、愛のある悪口(イジリってやつか)であれば、それは別に構わないとは思うが

 

 

やっぱり悪口っていうのは気持ちのいいものではない。

 

 

なので超具体的に、人の悪口を言わないためのテクニックを紹介しようと思う。

 

 

 

~人の悪口を言わないためのテクニック~

 

 

・悪口を言った数だけ自分の顔にほくろが一つ増えると思え

 

 

なかなかゲーム感覚で面白いと思うのがこのテクニックである(笑)

 

 

悪口を言った数だけ自分の顔にほくろが増えていく、と思い込むやり方である。

 

 

勿論、本当にほくろが増える訳ではない(笑)

 

 

ただそう自分に言い聞かせるのだ。

 

 

想像してみて欲しい。

 

 

常日頃、悪口を言いまくっていたら

 

 

顔中ほくろだらけになる。

 

 

どんどんどんどん、ほくろが増えていき、顔中ブツブツになる。

 

 

それはそれで醜い顔になると思うのだが…どうだろうか?想像はつくだろうか?

 

 

その内ダースベイダーみたいになってしまうぞ(笑)

 

 

 

STARWARS おつまみサーバー ダース・ベイダー

STARWARS おつまみサーバー ダース・ベイダー

 

 

 

このやり方はゲーム感覚で中々面白いと思うし、それなりに有効だと思う。

 

 

なにもほくろじゃなくてもいい。

 

 

悪口を一つ言うたびに

 

 

シミ、そばかすが増えるとか、ニキビができるとか、おでこがどんどん後退していくとかそんな感じでいい(笑)

 

 

そこは自分なりにアレンジして試してみるといい。

 

 

気づくと「アレ?そういえば俺最近悪口言ってなくね?良い感じやん!!」となるはずだ。

 

 

そしたらもう

 

 

充足感に目を向けて人生を生きることのできる人間の仲間入りだ。