人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

誰かに話したくなる、紹介したくなる商品やサービス。

ネットが普及して誰もが簡単かつ手軽にビジネスを始めることができるようになった。

 

 

ごく限られた一部の人達だけではなく、誰にも平等にチャンスがある。

 

 

特別な資格がなくても稼ごうと思えば全然稼げる。

 

 

もはや素人の人気ユーチューバーは芸能人クラスほどにも人気がある。

 

 

実に面白い時代だ。

 

 

誰もが気軽に手軽にネットを使用してビジネスを始められる。

 

 

それはネット通販などがその最たるもののように思える。

 

 

BASEなんて無料でネットショップを開業できる。しかも超スムーズに。誰でも簡単に。

 

 

物を売る場合、今はネットショップを開くのは自然な流れだ。

 

 

ならば当然

 

 

ライバルが多い。競争率が高い。

 

 

だけどその分

 

 

雑魚や偽物も多い。

 

 

これは事実だ。

 

 

「ライバルが多くて差別化が難しい~」と嘆くだろうか?

 

 

いやむしろ

 

 

雑魚ばかりだからこそ「本物」を売り込めば、必ず売れるし、生き残る。

 

 

商品、サービスといったプロダクトにそもそも魅力がないのに小手先のテクニックや誇大広告的な宣伝、嘘を書いているキャッチコピーや、ステマといった戦略。

 

 

そういうのは一時的な効果はあるだろうが

 

 

ネット社会においては嘘は簡単にバレる。

 

 

というか不思議なもので

 

 

例えばネット通販において言えば

 

 

そのサイトの作り込み度、見た時のワクワク感、商品説明の丁寧さ、商品写真の綺麗さ、こだわりがあるかどうか、手抜きはないか、愛情を持ってその商品を売りこんでいるか?とか、そういったものを見ると分かるし、伝わってくる。

 

 

最近気になったのが

 

 

インスタグラマー?の女の子がやっているネット通販だ。

 

 

数万人のフォロワーがいる。

 

 

「自分でネットショップを開いたので見にきて下さい~Tシャツ売ってます~」的な感じのポストがしてあり、自己紹介欄にショップのURLが貼ってあったので覗いてみた。

 

 

そのショップを覗いて

 

 

即座に私が思ったのは

 

 

「ああ、自分の遊ぶ金欲しさのビジネスか」

 

 

だった。

 

 

というのもサイト全体

 

 

もの凄い手抜き感。

 

 

トレンドを抑えた個性のないデザイン、かなり適当な商品説明、当たり障りのないキャッチコピー。商品に対する愛着、ワクワク感、キラキラ感が伝わってこない。

 

 

むしろ「売れりゃいーや。とりあえず店開けば売れるっしょ。楽して簡単に稼ぎたい。お金欲しい。遊びて~!!」的な感じが伝わってきたw

 

 

まあ本当のところは分からないけれども

 

 

仮にこの子が人気インスタグラマーでも私が客だったら「別に欲しくないな~」と思う。

 

 

お客さんって「ただの金儲け」には付き合ってくれないからね。

 

 

それに見合った絶大な価値があるのならいいんだけど、適当に作った商品やサービスにはそれだけの価値しかない。

 

 

そんなんじゃお客さんは貴重なお金を「払いたい!払ってでも欲しい!」とは思わないってこと。

 

 

でもどうなんだろ…インスタグラマーに憧れる若い子はそれでも買うのかな?

 

 

てか私が若者の価値観に対応できていないだけかもw

 

 

まあ、でも何が言いたいかというと

 

 

手抜きかどうかはすぐにバレるってこと。

 

 

どんなバカでもそれぐらい分かる。

 

 

逆にそういうバカをターゲットにしているビジネスだとしたら

 

 

まあ長続きはしないし、短期的な利益に終わりそう。

 

 

物を売ることを心から楽しんでいて、その商品に愛着があって、魅力を語っても語っても語りつくせない!商品説明ぺージの制限500文字ぐらいじゃ、この商品の魅力を書ききれないよ!!ぐらいの熱量がないとヒットは起こらないと思う。

 

 

ここはこういうこだわりにしているんだ!絶対にこれだけは譲れないんだ!!ぐらいの熱量ね。

 

 

ネットが普及したばかりの頃はまだまだ嘘が通用したと思うけど

 

 

年々、ネットの中のコンテンツの数もクオリティも上がってきているから

 

 

本物しか生き残れない。

 

 

だったら最初から本物を作って売りこんだ方が話は早い。

 

 

そもそも偽物や魂を捨ててあえてダサい物を作るビジネスなんてカッコ悪いし

 

 

そんなの自分の精神がどの道耐えられなくなる。

 

 

なんか「つまんねー楽しくねー」と。

 

 

だったら近道というのは

 

 

必ず勝つためにめちゃめちゃ頭を使って考え込んで、唯一無二のオリジナリティを持たせ、本物の商品・サービスを作ることだ。

 

 

そしてそういう本物っていうのはユーザーや顧客側からしたら

 

 

・誰かに話したくなる

 

・誰かに自慢したくなる

 

・誰かに紹介したくなる、オススメしたくなる

 

 

そういう心理が働くものだ。これが最高の宣伝になる。口コミってやつ。

 

 

だが逆に商品やサービスがクソだと

 

 

そもそも話題にもされなかったり、むしろ悪い噂を広められるw

 

 

ネット社会においても結局は

 

 

自分の人間性が反映されるのだ。

 

 

嘘をついたり虚勢を張ったりすると大抵ロクなことがない。

 

 

ネット上においても愛を忘れるべからず。

 

 

誰かに話したくなる、紹介したくなる商品やサービスは

 

 

愛、情熱、魂無しでは作れない。

 

 

 

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

 

 

 

 

 

~追伸~

 

ある種の矛盾に気づく。

 

ネット上にて嘘をつくなと言っておきながら、私は実名も顔も公表せずにこのブログで偉そうなことを書いている。説得力がないw

 

嘘を書いているつもりはないのだが、確かに匿名は責任感がない。

 

だけど私はあえて「顔が見えないのがいいかな」と思ってやっている。

 

ミッキーマウスの着ぐるみの中身の人間は分からない方がいい的な感じのアレである。

 

ま、細かいことは気にせずにw

 

読者の皆様、いつもご愛読ありがとうございます。