人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

無理なものは無理なんですよ。

槇原敬之の名曲「どんなときも。」の歌詞でこんな一節がある。

 

~「好きなものは好き!」と言える気持ち 抱きしめてたい~

 

 

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE

 

 

 

なるほどね。

 

素晴らしいね。

 

要は自分の気持ちに正直に生きていこうってことか。

 

であるならば

 

「嫌いなものは嫌い!」

 

「無理なものは無理!!」

 

と言える気持ちも抱きしめていたい(笑)

 

というのも

 

会社だけに留まらず、組織というもの、人間関係、社会で生きていれば必ず

 

嫌いな人や無理な人っていうのは存在する。

 

そういう人との付き合い方のハウツーで

 

〇相手を許しましょう。

 

〇許すことは強さの証です。

 

〇相手の良い部分を見つけてあげましょう。

 

〇相手を愛してあげましょう。

 

な~んて、色々と言われたりもするのだが

 

嫌いなものは嫌いなんです。

 

無理なものは無理なんですよ。

 

私はそれでいいと思う。

 

だって我々は人間じゃないか。

 

完璧に作られたロボットじゃないんだ。

 

不完全な感情を持った生き物なんだ。

 

「うわ~こいつ本当に面倒くせ~な~気持ち悪いな~関わりたくないわ」

 

と思ったならば、バリアを張ってシャットアウトしてスルーするのって

 

全然アリだと思う。

 

根本的に別人種みたいな人間っているじゃないか。水と油のように性格が合わないようなタイプね。

 

そういうどの道プラスにならないような人間に自分の正当性を認めさせようとしたり、理解して貰おうと躍起になるのって

 

時間と感情の浪費だ。

 

我々は神様じゃない。仏様じゃない。

 

人間だ。

 

だから「嫌いなやつとは関わりたくない。余計なストレス抱えたくない」そういうある種、わがままな部分があってもいいと思うのだ。

 

もちろん、これは立場とか役職にもよるだろうが。

 

スタッフをマネジメントする役職であったり、人の上に立つトップやリーダーが好き嫌い激しかったらヤバいかも(笑)

 

しかし人生、生きていれば

 

無理なものは無理!!

 

そう思うことはあるのだ。

 

それ自体、全然悪いことじゃない。

 

正常なことだ。

 

なんでもかんでも自分のキャパ以上に受け入れて、相手を理解しようとしすぎたり、自分を理解して貰おうと懸命になりすぎるのは

 

精神の崩壊に繋がりかねない(笑)

 

世の中それで病む人って結構多くいるんだと思う。

 

なので少しはわがままでいいのだ。

 

少しは毒を持っておかないと、猛獣にヤラれっぱなしになるからね。

 

そんなの面白くないじゃんか。

 

あと私が好きなバンドの曲の歌詞でこういうのもある。

 

~弱い奴が弱いままいるからバカなヤロウがのさばるのさ~

 

 

SISSY DUCK

SISSY DUCK

 

 

 

まさしく。

 

タフに生きていくには強くならんとね。

 

 

以上。

 

そんなボヤキでした~。