人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

悪いマスに一度も止まらずにゴールする人生ゲームって楽しいですか?

人生ゲーム。

 

誰もが一度は遊んだ経験があるのではないだろうか?

 

人生ゲーム(2016年ver.)

人生ゲーム(2016年ver.)

 

 

いわゆるボードゲームであるが、これが実によくできたボードゲームなのだ。

 

よく考えてみると我々が今まさに生きている人生もまた、人生ゲームのそれとなんら大差はないようにも思える。

 

であるならば

 

悪いマスに一度も止まらずにゴールする人生ゲームって楽しいだろうか?

 

ということを私は問いたい。

 

人生ゲームで遊んだことがある人は分かると思うが、たまにとても運が良くて一度も悪いマスに止まらずにあっさりとゴールしてしまうことがある。

 

ポンポンとスムーズに進んでしまって、あっけなくゴール。

 

すると後は、他のみんながゴールするまで待っているという状態になると思う。

 

他のみんなは悪いマスに止まりながらも悪戦苦闘し、ワイワイやって楽しそうだ。

 

あっさりとスムーズにゴールしてしまうと、そんな楽しそうなみんなの姿をただ見ているだけの状態になる。(借金まみれのどん底で苦しそうなプレーヤーも中にはいるが…)

 

勿論、スムーズにさっさとゴールしてしまいたい。そういう人もいるだろう。

 

でもそれじゃあ何のための人生ゲームだろうか。

 

私は思うのだ。

 

実際の人生であっても

 

失敗や苦難や挫折があるから面白いんじゃないだろうか?

 

そこにドラマ、ストーリーがあるから感動できる。

 

失敗があるから成功すると嬉しい。喜べる。

 

これが何のドラマもなくあっけなくスムーズに成功してしまったら、それほどの感動は生まれないんじゃないだろうか。

 

話は少し変わるが…

 

「人生はドラクエと一緒」とよく例えられるのだがこれも全くもってその通りだと思う。

 

成功したいけど実現できない人っていうのは「ラスボスを倒す」という華やかなシーンだけを切り取って考えているのだと思う。

 

実際はラスボスを倒すには多くの経験値が必要で、それまでに小ボスや中ボスに悪戦苦闘しながら、ようやくラスボスにたどり着けるのだ。しかもラスボスも一回ちょっとじゃ簡単には倒せないから、さらに経験値を貯めてレベル上げしてから再度挑む。

 

考えが浅い人や、楽がしたい人っていうのは、そういう部分を考えないで一気にラスボスを見事にやっつけるシーンばかりを考える。

 

だから理想と現実のギャップに耐えられずに多くの人が成功できない。

 

そもそもレベル1の状態じゃラスボスになんかたどり着けないし、戦ったとしても即座にやられてしまうのだ。

 

成功って地味で面倒な作業の繰り返しみたいなところがある。

 

だから大好きなこと、心から熱中できるようなことじゃないと、とてもじゃないけど続けられない。

 

「この仕事つまんねーなー、だるっ」なんて思いながら成功できるだろうか?

 

違う。

 

大好きでワクワクすることならば、たとえ面倒な作業だろうと熱中してやれるのだ。

 

そもそも大好きなことやワクワクすることなら「仕事をしている」という感覚すら無い。

 

成功した実感なんてないまま、気づいたらある程度軌道に乗っているような感じ。

 

「成功したい」「自分でビジネスをやりたい」そういう人に最近本当に多く出会う。

 

熱心にセミナーに参加していたり、成功者の本を読んだりして変な知識だけはやたらと持っている。

 

意識高い系と言えば分かりやすいだろうか。

 

だけど

 

意識が高いなんていうのはデフォルトであって特別なことでも何でもない。

 

意識が高い自分に酔いしれて、その先が無ければゼロと一緒だ。

 

大人になったら結果でしか語れない。結果が出せなければ何もしていないのと一緒なのだ。

 

それだけシビアで厳しい世界だと思う。

 

でもだからこそ面白いんじゃないか。

 

自分でリスクを背負う覚悟、度胸、勇気。

 

地味な努力に耐え忍ぶこと。

 

孤独に耐えられること。

 

遊んでばかりいられないから、そういう欲を捨てるという代償。

 

様々な決断が迫られる。

 

それもまた全部デフォルトだ。

 

みんなそうやって冒険に出ているのだ。

 

そして私は思う。

 

ビジネスほど面白いことって他にはないな、と。

 

自分の好きなこと、ワクワクするものに価値をつけて、商品を提供する。サービスを提供する。

 

それに価値があると判断されれば、お客さんはお金を出して喜んで買ってくれる。

 

売れなければ価値がないということだ。

 

ならばどうする?と考える。

 

相手の気持ちを考えて改善する。

 

もう一度トライする。

 

あ、今度は売れた。

 

これほど面白いものってないじゃないか。

 

だから「成功したい」とか「自分のビジネスをやりたい」とかいう人はまず、何でもいいから自分でやってみること。

 

行動が大事だと思う。

 

百聞は一見に如かずなのだから。

 

セミナーに100回通っても、成功者の本を1000冊読んでも何も行動しなかったら意味がない。

 

逆にセミナーなんか一回も通わずに、成功者の本も一冊も読んでないけどとりあえず行動に移していく人っていうのは

 

成功スピードが速いと思う。

 

スパルタみたいなものだ。肌で覚えていくってやつ。

 

これが大事なんだけどな~と思いつつ、言っても分からない人が本当に多い。まさにそれこそ百聞は一見に如かずだ(笑)

 

ふう。

 

少し長くなってしまった。

 

秋の満点の夜空を眺めながらMISIAの「Everything」聴いていたらついついぼやきたくなってしまってね(笑)

 

マジで心が震えた(笑)

 

さあ、9月も中盤に差し掛かりました。

 

手を休めずにガンガンいきましょう!!!