人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

カッコ良いか、カッコ悪いかで考える判断基準。

面白いニュースが飛び込んできた。

 

いや、正確には決して面白くもなんともないのだが。

 

そのニュースとはあるユーチューバーが過激な内容の動画を投稿したっていうだけの話なのだが、その内容が考えさせられるのだ。

 

その内容とは…

 

警察官の前で薬物に見せた白い粉(グラニュー糖)をわざと落として逃げるっていう感じのいたずらドッキリ動画なのだ。

 

パトカーも出動するレベルの騒ぎになったらしいが、そりゃそうだろう…。

 

さて、こういった行動についてあなたはどう思うか?

 

ユーチューバーとしては面白い企画、過激な内容、再生されるコンテンツ作りが大事なのだと思う。

 

再生数によって稼ぎが左右されるような世界なのだ。

 

他のユーチューバーとの差別化を図るためにも動画の内容はどんどん過激になっていくのも分かるような気もする。

 

しかしである。

 

こういった笑えないような過激な内容、見る側の不快感が多少でもある内容、決して心から「カッコイイ!!」とは思えないような内容

 

これってどうなんだろうか?

 

勿論私は「ユーチューバーなんてくだらない!」といった古臭い考えは持ち合わせてはいない。

 

ネット社会だし、ユーチューブというコンテンツが絶大な人気を誇っているのであれば、ユーチューバーというジャンルの職種が現れるのも当然の流れだと思う。

 

だけどさ。

 

普通に考えて、こういう悪ふざけが過ぎる動画って

 

カッコ良いか、カッコ悪いかで考えたら

 

カッコ悪いよね。

 

もっと気持ちの良い、面白いコンテンツって、何も悪ふざけをしなくたって作れるはずだ。

 

そこらへんの線引きって、大体の感覚で分からないだろうか?

 

こうやって話題になることすら作戦の内なのだろうけどさ…。まあ、そこまで考えてないか。

 

さて

 

話は変わるのだが

 

自分らしい生き方の判断基準、私は

 

カッコ良いか、カッコ悪いかで考えるようにしている。

 

要するにイケてるか、イケてないか。

 

例えばどんなにビジネスが大成功したとして、お金をたくさん持っていようが、人間的厚みが一切なく、誰からも愛されていないような状態であれば、それは人生的にイケてない。

 

そんな感じ。

 

これって結構、大事なことだとは思う。

 

私の先輩の起業家の方が言っていた言葉がある。

 

「どんなにお金を稼げそうな仕事でも、その仕事に自分がワクワクを感じなかったらやらない」

 

カッコ良いと思った。シビれた。

 

自分の軸を持っている。プライドというか自分らしくあるための線引き、判断基準。

 

これがブレない人は本当にカッコイイ。

 

また私はアーティストの清春が昔から好きなのだが、彼の魅力は「自分を貫いているところ」だと思っている。

 

彼は黒夢、サッズ、ソロと精力的に活動するが、そのすべてに妥協がないように思える。

 

すべて自分がやりたい音楽、やりたい活動なのだ。

 

アルバムを出すごとに作風がガラッと変わったり、ファッションが変わったり、髪型が変わったりするのだけど、そのすべてに彼らしさがある。

 

「妥協しよう」「ダサいけどまあいっか」そういった考えがゼロのように思えるのだ。

 

だから人は彼に惹きつけられる。カリスマ。今でも多くのファンが離れない。

 

カッコ良いか、カッコ悪いかで考える判断基準。

 

アリだと思っている。

 

死ぬ前に「やりたいようにやった!後悔はマジで一つもねえ!!」と言えるような人生にするのだ。

 

まだまだやりたいことは山ほどあるし、見たい景色も山ほどある。

 

しかし北朝鮮が核実験、第三次世界大戦か?なんて危ぶまれる今日だ。

 

私は仮に明日死んでも何一つ後悔はない。

 

いつ死んでも悔いはない。

 

そうやって毎日生きているから、楽しい。

 

人生に目的なんかいらないとは思うけど

 

もし一つだけ目的があるとすればそれは

 

自分らしく生きること。

 

ただそれだけ。

 

それ一つだけ。