人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「失敗」を経験しないと到達できないステージがある。

失敗とは怖いものである。

 

誰だって失敗したくない。

 

失敗したら恥ずかしい、笑われる、損をする、どうしよう、ああ困った…

 

いや、そんなに深刻に考えすぎることはない(笑)

 

というのも失敗というのはある種、何かをやるにあたっては誰もが一度は通る道であり、麻疹(はしか)みたいなものだからだ。

 

何か新しいことに挑戦したならば、失敗をするのが普通。

 

むしろ恥ずかしいことでも何でもない。普通のことなのだから。

 

ただ失敗の何がありがたいかって

 

そこから学べることが多々あることだ。それには尋常じゃない価値がある。

 

プライスレスです(笑)

 

失敗の大きさに比例して、成功する度合いも大きく変わってくるんじゃないか、とすら思っている。

 

失敗を失敗とも思わない強靭なメンタルを持っている人も世の中にはいるが、あやかりたいものだ(笑)

 

失敗という言葉のイメージが負を連想させるが、決してそんなことはない。

 

むしろ失敗の先にしか成功はない。

 

そして失敗を繰り返していけば、再発防止策を練ることができるし、そういった知恵が身につく。

 

「こういうことをすると、この前はこういう結果が起きたよな。じゃあ違う方法を考えよう」

 

「え、あのやり方でもダメなんだ。じゃあこのやり方ならいいかな?よし、やってみよう」

 

みたいな感じ。

 

失敗したら思考して、改善して実行。その繰り返し。

 

そうして勝率を上げていく。

 

すると見える景色も変わっていく。

 

得られる結果も変わっていく。

 

間違いなく

 

「失敗」を経験しないと到達できないステージがあるのだ。

 

世界で活躍するスポーツマンだってみんな過去には悔しい経験をしている。肝心な場面でのミスとか、そもそものメンタルの在り方とか。

 

大企業のCEOも大失敗なんてもうザラに経験していて、もはやその先の違うステージにいらっしゃる。

 

失敗なんて恐れずに、むしろさっさと早い内に失敗を経験してしまえ。

 

そうすれば人間、自然と強くならざるを得ないのだ。

 

失敗して、落ち込んで、もうそこで「やーめた!」という人間も中にはたくさんいるだろうが(笑)

 

そこまで弱い人間のことなんざ、いちいち気にかけちゃいられない(笑)

 

世の中は弱肉強食。

 

結果が全て。

 

でもそれってある意味フラットで平等な世界。

 

誰にだってチャンスはあるのだ。

 

戦わなければ勝てない。

 

ま、真面目に深く考えすぎてもつまんないから

 

ゲーム感覚で楽しみながら戦いましょう!!!

 

この人生という名のゲームをね(笑)