人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「好きな服」より「似合う服」を選ぶことで世界が変わる。

私は服が大好きだ。

 

服飾の専門学校に通っていた経歴もあるほどファッション大好きのド変態であることは先に述べておこう。

 

そこで早速なのだが、あなたに質問したい。

 

好きな服を着ていますか?

 

そしてそれはあなたに似合っていますか?

 

本当に似合っていますか?

 

ということである。

 

洋服というのは不思議なもので、単体のデザインは素晴らしいのに着る人によってはダサくなってしまったり、キムタクが着るとかっこいいのに一般人が着るとダサくなってしまったりするものなのであるw

 

逆に!!!

 

キムタクに似合わない服があなたにはバッチリ似合ってしまったり!なんてこともしばしば。

 

(まあキムタクに似合わない服なんてないだろうけどw)

 

身長、体型、肌の色、顔の形、髪型、キャラクター、その他さまざまな要素が組み合わさってあなたという人間ができている。

 

十人十色とはまさにその通りで

 

似合う服も十人十色である。

 

要するに何が言いたいか。

 

あなたの「好きな服」が必ずしもあなたに「似合う服」だとは限らない

 

そういうお話である。

 

もちろん、仮に似合っていないとしてもそれを否定するつもりはさらさらない。

 

似合ってようが、似合ってまいが、ファッションを縛る法律などない。

 

あるのは「全裸で街を歩くのは禁止」という人として当たり前のことぐらいである。

 

だからファッションというのは基本的に好きなものを着るのがいいと思う。

 

しかし私の例を出して話すのだが

 

似合っていない服装をした自分の姿を不意に全身鏡で見た時の絶望感とモチベーションの下がり具合はハンパじゃない

 

ということであるw

 

これはマジである。

 

好きな服を着て大好きなファッションを楽しんでいるつもりが、壊滅的に似合っていないがゆえに「ダサい自分の姿」を周りの人間の目にさらしているという事実。

 

これは相当にテンションが下がるものだ。

 

ああ…ジーサス。

 

じゃあどうすればいいんだ?

 

私は考えた。

 

答えは簡単。

 

自分に似合う服装を徹底的に研究すること

 

これである。

 

あまりにも普通の答えですまない。

 

しかしこれ以外には見当たらない。

 

たま~に、どんな服を着ても似合うモデルみたいな人間もいるが、まあそういう人間の話はここでは置いておこう。

 

特に日本人は低身長で顔も薄い人間が多い。体型もヒョロい。だからこそ似合う服装っていうのはある程度は限られてくるものだ。

 

そこで自分に似合う服装というものを徹底的に研究してみてほしい。

 

そう。これぞまさに

 

「好きな服」→「似合う服」へのシフト

 

多分ね。

 

女子ならモテ具合がハンパなく変わると思うよ。

 

昔テレビでやっていた。

 

ガングロのヤマンバギャルがメイクを落として変身するコーナー。

 

絶対にすっぴんに近いナチュラルメイクの方が可愛いというねw

 

そしてたまにいるけど

 

服がダサくて残念な子。

 

「キャラじゃないから…」とスカートとかフェミニンなアイテムを避けて、常にパンツ姿の女の子とかね。

 

(ボーイッシュな女の子も逆にエロくていいけどもw)

 

ふんわり系のスカートとかガーリーな恰好をすることですげーモテたりすると思う。

 

絶対に似合うと思うよ。

 

あと男もそうだ。

 

野暮ったいシルエットのデニムとか穿いてどこか垢抜けない感じ。

 

黒スキニーでシュッとしてシンプルな白Tシャツとかで決めたらすげー変わるよね。

 

チェインスモーカーズのアンドリューみたいにさ。

 

そしてもう一度言うが

 

好きな服を着ることを否定するつもりは全くない。

 

むしろファッションは自由だ。

 

しかし

 

「好きな服を着ていても、似合っていなくてテンションが下がる」

 

そうなるぐらいなら

 

「好きな服」より「似合う服」を選ぶことで世界が変わるよ。

 

そういう話である。

 

ぜひ一度

 

自分に似合う色は何色か。

 

どんなアイテムが一番自分に合っているのか。

 

お店でも試着できるし、研究しまくるのもいいかもしれない。

 

オススメである。