人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

期限を守り、かつ最高の物を作れるのがプロ

昔、私がアパレルの専門学校に通っていたときに先生がこういった。

 

「みなさん、課題は絶対に期限内に提出して下さい。

 

どんなに完成度が高くても期限を過ぎたらアウトです。点数は低いです。

 

逆にそこまで完成度が高くなくても、期限内であればそれなりの点数をつけます」

 

ふむ。なるほど。

 

確かに周りのみんなはやたら完成度の高い作品を作っていた。

 

かなり細かく、こだわり抜いて作られている。

 

しかしみんな期限を守れない。期限内に提出することができていないのだ。

 

どんな完成度が高くても、約束の期限を守れなければゴミ同然の評価をされるのに。

 

シビアだが、当たり前か。

 

学校ではなく、会社だったら期限を守れないやつは信用を失う。

 

だが私は思うのだ。

 

学校という機関だからこそ、手抜きや妥協でも期限内であれば高得点がつくという仕組みだが

 

それもそれでなんか変じゃないだろうか?

 

ぬるい。甘い。

 

私が先生だったらこう言う。

 

「決められた期限内に、めちゃくちゃ完成度の高いものを提出して下さい」

 

それをクリアするやつが本物だ。

 

むしろそれができなければ、それこそゴミだ。

 

なんかの番組のインタビューでB´zは「締め切りは守る」と言っていた。

 

そしてギターの松本さんはこうも言っていた。

 

「プロは結果もしっかり出さなければならないと思う」

 

かっこよすぎる。

 

あの二人はおそらくミュージシャンではなく、普通の会社員だったとしてもめちゃくちゃ活躍するタイプだと思う。

 

手抜きや妥協をするとなんか気持ち悪い。

 

それでいて期限を守れないのはもっと気分が悪い。

 

ならば

 

期限内にめちゃくちゃ最高の物を作ってやろうじゃないか。

 

そのためには

 

時間の使い方が重要である。

 

うん。

 

全てを捨てて、仕事に生きる。

 

最近、仕事中に楽しくてニヤニヤしている自分に気づく。

 

PCと対面しながらふと笑っているのだ。

 

マジでキモいwww

 

さ、GWも仕事だ!!!