読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

他人の痛みや弱さが分かる人間でありたい。

どちらかというと私は

 

弱者の味方でいたい。

 

というか

 

弱者を助ける、励ます、救う。

 

そういう仕事をしたいのだ。

 

サービスにしろ、プロダクトにしたって、なんだって。

 

モテモテでイケイケなパリピに向けて作るビジネスモデルもそりゃあるだろう。

 

しかし私が尽力したいのはその真逆にいる人間たちだ。

 

 

・モテない人達

 

・不器用であるがゆえに社会にうまく馴染めずにいる人達

 

・優しすぎるがゆえに損ばかりしている人達

 

・真面目すぎて過剰にストレスを抱えてしまっている人達

 

 

そういう人達に「希望を与えたいな~」「人生をもっと楽に、楽しんで貰えたらいいな~」と常日頃思っている。

 

 

それはなぜか?

 

 

私もそういう時期があったからだ。

 

 

少なくとも私は

 

 

モテない悔しさであったり

 

人生における不安であったり、どうしようもない焦燥感

 

他人との比較によって生まれる劣等感

 

過剰で異常なほどのストレスなど

 

 

そういうものを知っているつもりだ

 

分かるのだ。

 

だけどそこから変われた。

 

人生を変えることができた。

 

だから同じ気持ちで苦しんでいる人がいるなら救いたい。

 

「人生って自分次第で変わるよ!

 

今は上手くいかなくても時間が経つと変わるよ!

 

人生何があるか分からないから面白いよ!」

 

そう伝えたい。

 

うん。

 

やっぱり

 

他人の痛みや弱さが分かる人間でありたい。

 

この気持ちを忘れてしまったら、ビジネスなんてやる意味ないよね。

 

「誰かのため」っていう気持ちを忘れたら、なんのための仕事か分からなくなるよ。

 

 

記憶に新しいニュースだが

 

ブラック企業で病んでしまって自らの命を絶ってしまった女性がいた。「過労」とされていたが。

 

私は思った。

 

もし私のサービス、プロダクトが完成していれば…苦しんでいる彼女に届けることができていたならば…

 

彼女を救えたかもしれなかった。

 

私が今開発しているサービス、プロダクトは人々の心をきっと癒す。

 

ワクワクさせるし、感動させられる。

 

心の支えになることができる。

 

その自信がある。

 

 

私は心の医者になりたい。

 

 

だからちんたらダラダラしていられない。

 

少しずつしか進めないのがもどかしいが、最近着実に芽が出てきている。

 

成果が出始めてきている。

 

ま、確実に芽を出すつもりで行動しているので計画通りなのだが。

 

もっと頑張らくちゃな。

 

今日のブログは自分に向けて書いているのかもしれない。

 

とりあえず仕事します。