読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「ストイックなのが普通」という感覚でなければ成功は見えてこない。

世の中の成功者を見ているとみな共通して

 

尋常ではなくストイックだ。

 

コレ!と決めたら365日24時間そのことを考え抜いて、やりこんでいる。

 

テスラモーターズのイーロンマスクは「週100時間働け」と言い

 

ソフトバンク孫正義は「恐ろしいほどの情熱を持って努力しろ」と言い

 

松下幸之助は「経営者は遊ぶな。仮に遊んでいるときでも仕事のことを考えろ」と言った。

 

事実、大きな結果を出している。

 

こういうストイックな成功者達を一概に「センスの問題」とか「天才、才能」などと簡単に言ってしまっていいのだろうか?

 

そんなことを言ってしまっては失礼に値するのではないか。

 

多くの人は何か大きな結果を得るために、代償を差し出すことができていない。

 

「将来ビッグになりたいんだよね~」

 

「絶対に成功して金持ちになってやるぜ!」

 

などと言いながら

 

旅行に行きたい、飲み会に行きたい、恋人が欲しい、友達と遊びたい、と欲張りだ。

 

シンプルにそういった欲求を全て捨てて

 

仕事一筋に打ち込んでみる。

 

そうすれば成功する確率は上がり、スピード感も増してくるのではないか。

 

当たり前のことだが

 

結局、その夢をどれだけ自分が叶えたいと思っているのかどうかだ。

 

小さな欲求にかき消されてしまうような夢ならば、その程度の夢なのだ。

 

全てを犠牲にしてもまだ足りない。全てを犠牲にしても楽しくてしょうがない。

 

おもしろくてしょうがない。

 

ある種の病気のようなワーカホリックになる必要があると思う。

 

ちなみに私の話だが仕事が楽しすぎて年々

 

睡眠欲、食欲、性欲に関心がなくなりつつある。

 

まず眠くならない。寝てもすぐに目が覚める。身体は元気バリバリ。

 

食べたいものが特にない。何でもいいから少し食べたらまた仕事。酒も飲みたいとすら思わない。

 

性欲はあることはあるのだが、それ以上に仕事が楽しい。(これは問題かw)

 

なんなんだろうか、この不思議現象。

 

とりあえず人の二倍は仕事をしなければいけないな~、と思っている。

 

テスラのイーロンマスクは甘いマスクをしながら本当に的を得たことを言う。

 

「他者が週50時間働くとする。そしたら自分は100時間働く。そうすれば同じことをしていても、他者が1年かかって達成することを自分は数か月で達成できる」

 

ストイックなのはもはや普通のことなのである。

 

自分が心から叶えたい夢、そのための行動をストイックに行いましょう。

 

さあ、今日も頑張っていきまっしょい。

 

 

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男