人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

【学校では教えてくれない】人々の暮らしをよくする仕事はどこにあるのか?

それは

 

あなたの心の中にある。

 

いや、別に冗談で言っている訳ではない。

 

どんな仕事にも意味があると思うし、その仕事がないと社会が回らなくなる。

 

だから全ての仕事が誰かの笑顔につながっていると思うのだ。

 

しかし人によっては

 

この仕事はつまらない

 

あの仕事は意味がない

 

だるい

 

めんどくさい

 

やりがいがない

 

と感じたりするだろう。

 

しかし

 

あなたがつまらないと思っている仕事を隣の人間は楽しいと思ってやっているかもしれない。

 

あなたが楽しいと思っていることを隣の人間はつまらないと思っているかもしれない。

 

つまり物事の感じ方や、価値観、幸せの基準なんて結局

 

人それぞれなのだ。

 

そういう意味で

 

楽しい仕事、面白い仕事、やりがいのある仕事、人々の暮らしをよくする仕事っていうのは

 

あなたの心の中にあるのだ。

 

単純作業のルーティンワークだろうが必要な仕事。

 

トイレ掃除にゴミ拾いだって必要な仕事。

 

雑務も大事。

 

大きな会社を作って新しい革命を起こして世界を変えるのも幸せだろうし

 

小さな会社で働いてローンでもいいから家を買って家族と生きるのも幸せだろうし

 

彼女を作らずに二次元アイドルにハマってそこにお金をつぎ込むのも幸せだろうし

 

幸せを感じていればみんな成功者だと思う。

 

少し話がズレてしまったが

 

全ては

 

自分次第。心ひとつで変わるのだ。

 

私はやりたいことや夢がたくさんあるのだが

 

そのすべてが必ず人々の暮らしをよくするものだと確信している。

 

だからやりたい。やる。

 

究極なことを言ってしまうと

 

誰かに喜んで貰えたとき、誰かの笑顔を作れた時っていうのはセックスよりも気持ちがいいものなのだ。

 

いや、もちろん私はセックスも大好きだがw

 

というわけで

 

人々の暮らしをよくする仕事っていうのはどこにでもあるのだ。

 

大事なのは考え方だ。

 

せっかくの人生だ。

 

楽しんでいこう!!!