読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

満員電車の中で女性がもたれかかってきた時の話

その昔。

 

私がまだ東京で学生をやっていた時の話だ。

 

満員電車に揺られながら通学する日々。

 

田舎から上京してきた私にとっては何もかもが新鮮だった。

 

満員電車の中のあの出来事すらも…。

 

 

いつものように私は電車を待っていた。

 

そしていつもより1~2分遅れで電車が到着する。

 

電車の中は人で溢れている。

 

人、人、人。

 

「はぁ…満員電車は嫌だなぁ~。都会って大変だな~」

 

なんて思いながら電車に乗り込む。

 

荷物を詰め込むだけ詰め込まれたリュックサックのように電車内はパンパンだ。

 

もうさすがにこれ以上は入らないだろう…という状態になってからさらに4~5人入ってくるのだから驚きだ。

 

そして電車のドアがプシュ~と閉まる。

 

そこから目的地までずっとそんな状態。

 

私はいつものように音楽をイヤホンで聞きながら壁側にもたれかかっていた。

 

そんな時だった。

 

電車が急に発進するものだから、車内がグラッと揺れた。

 

その時、私の胸元に

 

一人の女性が飛び込んできた

 

「あっ!すいません!」

 

女性はそう言った。

 

しかしながら満員電車のため身動きが取れない。

 

私の胸に飛び込んできた女性はずっとそのままだ。

 

私の胸元に女性がジャストフィットしている状態だ。

 

私は思った。

 

満員電車、最高だな。

 

全く面識のない女性とのこの距離感。

 

なんだろうこのドキドキ感はw

 

あれはデリヘルを呼んで、部屋でデリヘル嬢が来るのを待っているのと同じぐらいドキドキしたw

 

田舎から上京してきた私は思ったのだ。

 

「もしかしてこのまま恋に発展するのだろうか?月9みたいに!!!都会って素晴らしいな!!!」

 

そんなアホなことを田舎出身の私はマジで考えていたw

 

がしかし

 

当然のことながら

 

何事もなく終点につきその女性はそそくさとどこかへ消えていった。

 

そして私も何事もなく学校へ向かった。

 

うん。

 

今なら分かる。

 

男ってすぐに女を好きになる生き物だw

 

たとえば飲み会で女子がボディタッチなどしてきたら男はヘラヘラするものだ。

 

なんなんだろうか。この男のチョロさってw

 

そしておそらくほとんどの男は

 

その女が好きなのではなくただヤリたいだけなのだw

 

「好き」と「ヤリたいだけ」を上手く判別できない男が多いから、この世には多くの悲劇が生まれるのだ。

 

そんなこんなを色々と乗り越えて

 

数多くの女にダメ出しされて、振られて、ゴミクズのように扱われて

 

ようやく一人前になるのだ。

 

だから私は伝えたい。

 

女性よ。世の男子をもっと弄び、ボロクソに傷つけてやってほしい。

 

そうすることで男が磨かれていく。

 

そしてきっといつか

 

女子達がバカにしていた冴えない男子が世界を変える。

 

そういう構図が私は好きだw

 

男はいつだって女がいるから頑張れるのだ。

 

そんな訳で話がまとまらなくなってしまったので本日のブログはここで締めるw

 

以上!!