読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

どうして素直に「好き」と言えないのか?

性欲について

どうして素直に「好き」と言えないのか?

 

これは何も恋愛に関してだけではない。

 

あれが好き

 

これが好き

 

こういう気持ちを押し殺して周りの顔色を窺いながら生きている人というのは結構多いのではないだろうか。

 

周りに嫌われたくない?

 

いいじゃん。別に嫌われたって。死ぬわけじゃないんだから。

 

一人になるのが怖い?

 

一人にはなりません。必ず同じ「好き」を持った新しい仲間が現れます。共鳴し合います。類は友を呼ぶのです。

 

とにかく

 

自分の気持ちに嘘をついてはいけないと思う。

 

自分を欺くという罪の重さは計り知れない。

 

ふう。

 

少し話が重くなってしまったのでライトな話題に変えよう。

 

たとえばだが

 

エッチなことが好きだとするwww

 

私の経験だが

 

モテない男ほど「エロ」を隠す。

 

なぜか意味不明に誠実ぶる。そしていきなり女性に手を出そうとして「そんなつもりないんだけど!」とか言われて撃沈する。ああ…よくあるパターンww

 

なぜ「エロ」を隠すのか?その理由は正直言って私には分からないwww

 

女性に嫌われたくないから隠すのか?エロをダサいもの、キモいものだと思っているのか?

 

逆に性欲が皆無な男なんて魅力ないでしょww

 

エロはダサくありません。そしてキモイのは男の趣味満載なマニアックなAVですwww

 

男なんてみんなエロいんだから、そもそもそれを隠すなんて無理なのだ。

 

「正直に好き。ヤリたい。エッチしたい!」と言えばいいwww

 

それで嫌われたならそれでいいじゃん。

 

気持ちを勝手に一人で抱え込んで、悶々として、感情が暴走して爆発して

 

ストーカーやら性犯罪に走ってしまう方がよっぽどいけないと思う。

 

女性にストレートに感情をぶつける。

 

「好きだ!付き合ってくれ!」←(ヤリたい!ヤラせてくれ!そのかわりデートや旅行を楽しませるし、いくらでも君のつまらない話を聞いてあげるから!!ww)

 

それでもって

 

「ダメ!ダメなの!私あなたとはダメなの!!」

 

と断られたらその女のことは記憶から抹消して新しい女に向かえばいいw

 

しかしよくいるのが一人の女に固執して依存する男だ。

 

「あいつしかいないんだよ。あいつが世界一可愛いんだよ。でへへ~」

 

ワンピースのゾロの言葉を借りるなら

 

「蛙かと思ったよ。井の中のよ!!!!!」ドン!!!!!

 

身の回りのたった一人の女に固執するのはなぜか。それは他の女を見ていないから、会っていないからである。

 

じゃあ聞くがその好みの女とめでたく付き合えたとしよう。

 

その翌日

 

運命的に深田恭子と遭遇して「付き合って」と言われたらどうする?

 

ガッキーと曲がり角でぶつかってそこから恋に落ちたらどうする?

 

きっと気持ちは傾くだろう。

 

そんなものである。人間の感情なんて。

 

だがそれでいいと思う。

 

完璧なものだけを正しいと思い込むのはもうやめよう。

 

人間ってもっと汚い部分もあるし、ドロドロした感情もあるし、ずるい部分もある。

 

そういう部分も自分の一部だと受け入れれば楽になる。

 

その中でも優しさであったり、思いやりを忘れることなく生きていけばいいのである。

 

素直に生きていこう。

 

そして素直に好きって言おう。

 

お前が好きだ!!!!!と。