読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

どうしてそんなに気にするの?

「あの子、マジでむかつく。イケメン見つけるとすぐに上目遣いでブリッコしちゃってさ~」

 

「あいつはマジでカスだよ。女とっかえひっかえして一途に人を愛することができないかわいそうな男だよ」

 

「あの人より私は幸せだと思う。あの人は確かにお金持ちだけど、きっといつか破産するよ。あんな働きもせずに豪遊してたら罰が当たってきっとろくな死に方しないよ」

 

 

上記のようなセリフを私は今まで何度となく聞いてきた。

 

悪口。陰口。あ、また悪口が始まった。やれやれ。

 

でも

 

それ全部本当は

 

 

嫉妬なんじゃないの?

 

 

心の中で私はそう思っている。

 

何度か聞いてみたこともある。

 

「それどういう心理状態で言っているの?要するに羨ましいってこと?」と。

 

そしたら

 

「え、いや。そうじゃないけど~なんたらこうたら」

 

「は?全然うらやましくないし!むしろ私の方が絶対に幸せな自信があるし~どうたらこうたら~」

 

そうじゃない?全然うらやましくない?

 

本当にそう思っているのであればわざわざ

 

他人の悪口や陰口など言わないでしょ。

 

自分が満たされていないから他人のことが気になる。他人と比べる。

 

そして比べるからそこで劣等感が生まれる。

 

そんなのくだらない。

 

意味がない。

 

別にどうだっていいじゃないか。

 

自分の人生を、自分のペースで、自分らしく生きればいい。

 

誰にも縛られず、こっちも誰かを縛らず、愛されたいなら愛して、こちらが愛すから愛される。

 

もっとラフに楽~に生きればいいと思うのだ。

 

比べたって意味ないじゃん。

 

他人の時間軸と自分の時間軸は違うのだから。

 

自分が遊びほうけている間に、誰かは必死に勉強していたり、仕事をしていたりする。

 

逆に誰かがダラダラ寝ている間に、自分は趣味に夢中になったり、夢のために行動したりすることだってできるのだ。

 

自分の納得のいく生き方、時間の使い方、胸を張れる行動をしていたら

 

他人のことなんていちいち気にならなくなる。

 

「ああ!あの子かわいいよね!かなりモテるみたいだけどうらやましい!私にも男紹介してくれないかな!」

 

「あいつはイケメンだけど中身も面白いし魅力的だよ!モテるのにも納得がいくぜ!」

 

「あの人は金持ちだけどその分たくさん税金を納めてくれているんだ!ありがたい!私はとりあえず目の前をことを頑張ろう!」

 

こういう心理状態にシフトチェンジできたらOK

 

あとはアクセル全開にして人生突っ走ろうや。

 

そんな話でした。