人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「憧れの対象」の重要性

あなたには「憧れの対象」があるだろうか?

 

なんでもいい。

 

憧れの芸能人、憧れの車、憧れの腕時計、憧れの生活、憧れの人生。

 

憧れの対象があるからこそ「人生頑張ろう!」と思うのは至極当然のことだと思うのだ。

 

だからこそ私はここでハッキリと断言しておきたいのだ。

 

憧れの対象によって自分の人生は変わる。

 

これはガチである。

 

たとえばだが野球が大好きで野球選手に憧れ続けていたら、自分自身が野球選手になる可能性というのはグンと上がる訳だ。

 

当たり前のことを言っているように感じるかもしれないがこれはかなり大事なことだ。

 

であるならば。

 

であるならば、だ。

 

どうせなら憧れの対象は大きい方が良い。

 

年商5000万の会社の社長に憧れるのも構わないと思うが、どうせなら年商100億の会社の社長に憧れるのも悪くないと思う。

 

ドンとでかい夢を持つ。大きな憧れを持つ。

 

シンプルかつ当たり前のことを言っているようだが、これは本当に大事なことなのだ。

 

身の回りの人間にしたってそうだ。

 

口先ばっかりで愚痴ってばかり、サボってばかりの先輩よりも、仕事をバリバリこなしてリーダー気質でみんなから愛されている先輩に憧れた方が絶対に良い。

 

どうせなら自分もかっこよくなりたいじゃないか。

 

それなら「憧れの対象」をしっかりと見定める必要がある。

 

そこは欲張っていいところだ。

 

デカい夢、追ってナンボの人生でしょう。

 

どうせ一度キリの人生なのだ。

 

夢を追わないで死ぬよりも、追って死んだ方が絶対にいい。

 

もちろん

 

絶対に叶えてやりましょう。せっかくの夢だもの。

 

人間だもの!!!!