読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

【大人よ】週刊少年ジャンプ的な未来を夢みているか?


週刊少年ジャンプ RADWIMPS MV

 

君の名は。」の劇中歌を担当したことでもはやその名を知らぬ人はいないバンドRADWIMPS。通称ラッド。

 

映画でも使われた「前前前世」「スパークル」が収録されたアルバム「人間開花」。その中に収録されている楽曲「週刊少年ジャンプ」というナンバーがある。

 

これはその名の通り週刊少年ジャンプについて歌われている曲なのだが、その曲と週刊少年ジャンプがコラボしたMVが公開され話題となっている。

 

私はこれ見て泣いたwマジであるww

 

いや~年を取ると涙もろくていけない。

 

シンプルなMVだ。歌詞が映し出され、ジャンプの漫画の様々なシーンが映し出される。ただそれだけのMVなのだが、心に刺さるものがある。

 

特に私はワンピースの大ファンなのだが、ワンピースのシーンで泣いた。

 

「お前がいないと俺は海賊王になれない」

 

ルフィがサンジに向けて放った言葉である。

 

素敵である。素敵なのである。

 

私は小学生の頃からワンピースを読んでいるが、大人になった今でもワンピースのことになると友人と熱く語り合ってしまうw

 

そういう意味ではいつまでたっても少年だ。

 

大人になると少年時代に色々な夢見ていたことを遠いことのように思えてしまう人も多いだろう。

 

「夢なんてバカバカしい…現実には生活するために働くのでやっとだよ…」

 

そう思ってる人もいるだろう。

 

逆に何歳になっても夢を見て、追いかけている人もいるだろう。

 

どうであれ、ジャンプの漫画を読むと

 

心は少年時代に帰る。

 

だって何十年も同じ漫画を読み続けているのだ。今でも連載を楽しみにしている作品があるのだ。

 

これってすごいことじゃないだろうか。

 

漫画というのは多くの人に夢と希望と感動を与えているものなんだなぁ~、としみじみ思ったのである。

 

RADWIMPSの「週刊少年ジャンプ」のMV。

 

必聴である。

 

 

人間開花(初回限定盤)(DVD付)

人間開花(初回限定盤)(DVD付)