読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

中身が子供のまま大人になってしまうことは普通によくある

その昔

 

大人はみんな偉い存在だと思っていた。

 

大人は立派、大人はよく出来た人間だ。

 

大人のやること、言うことはみんな正しいと。

 

たとえば小学生の頃は中学生がすごい大人に見えたり

 

中学生になったら高校生が大人に見えたり

 

高校生は大学生を、大学生は社会人を「大人」の対象として感じていた。

 

サラリーマン、学校の先生、親、芸能人、政治家などなど。

 

「大人」というのはみんな内面が完成され、賢者のような思考を持ち合わせ、品格が溢れ、人生のなんたるかを全て知り尽くしたような存在。

 

そんな風に思っていたのだ。昔は。

 

しかし私自身も年を重ね、会社で働いてみたり、色々な出会いを通してみて気づいてしまったのだ。

 

内面が子供のまま大人になってしまっている人が普通にそこら中にゴロゴロといる

 

そして

 

リスペクトに値する大人の方が圧倒的に数少ない!!!!

 

ということを。

 

悲しいかな、これが現状である。

 

だって28歳にもなってコンビニのおでんをツンツンするような男がいるのだ←私はおでんツンツン男が相当ツボなのでこのブログで何度も取り上げているw

 

どうして内面が子供のまま大人になってしまう人が多いのだろうか、と考えてみたのだが

 

やはり経験値の差なんだと思う。

 

たとえば成人式で大暴れするヤンキーなんかは、ほぼ9割が地元から離れたことがない人間だろう。地元にずっと住み着いて、その地元の中では自分達が一番イケてる!一番最高!と思っているからあんな恥ずかしい真似ができるのだ。

 

そして彼らはそのまま大人になる。もちろん例外もいると思うが。

 

ただ井の中の蛙であり続けると、色々な経験は積めない。

 

それは事実だ。

 

「この人なんかすごいな~かっこいいな~オーラあるな~」と感じる人はたいてい、ものすごい経験を積んできている人が多い。

 

色々な土地に出向き、色々な文化を感じ、色々な人と出会い、色々なショックを受ける。

 

そういう人生における経験値こそが

 

人間力を高めてくれるのかもしれない。

 

そんな訳で女性に伝えたい。

 

「こいつ会話がつまらない!」と感じた場合はどんなイケメンであっても、価値がないと思ってヨシw

 

アディオス。