人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

Amazonでアーティストの音楽レビューを見るのが好き

AmazonでアーティストのCDが買える。

 

シングルからアルバム、DVDからデジタル音源まで。

 

便利な時代だ。

 

そしてそれには必ず商品レビューがついている。

 

星5段階で評価できるシステムだ。

 

アーティストのCDの場合は商品レビューというより、その作品の内容、音楽に対するレビューが多いので面白い。

 

「このアルバムは間違いなく最高傑作である。」

 

「本当にかっこいい。何度聴いても飽きない。特に○曲目の歌詞の○○の部分が最高。」

 

といった高評価なレビューもあれば

 

「駄作。このアーティストはもう落ち目である。」

 

「よくこんな作品を世に発表したものだ。もう才能は枯渇してしまったのだろうか。」

 

みたいな酷評もあるから面白い。

 

ファンは盲目というが、熱狂的な信者は無条件に星5の高評価をつける場合が多い。

 

しかし私が注目するのは

 

星1〜2の低評価のレビューである。

 

これがまた辛辣なコメントばかりで実に面白い。

 

かといってそれが単なるアンチのコメントとは限らない。

 

そのアーティストの生粋のファンであるからこその本音のコメント、内容の濃いレビューが記されているのだ。

 

好きなアーティストのやることなすこと全てを受け入れることだけがファンとは限らない。

 

良いときは良い。

 

悪いときは悪い。

 

ハッキリとそう思えるのが真のファンなのかもしれない。

 

暇な時はぜひAmazonでアーティストのCDのレビューを見るのがオススメだ。

 

思わぬ発見があるかもしれない。