読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

黒歴史があったっていい。人間なんだから。

黒歴史

 

誰にも一つや二つはあると思う。

 

私もある。

 

たとえば私は高校時代が物凄くつまらなくて、地味な存在で彼女もできず、まったく青春できなかったので黒歴史の一つだw

 

それから20代前半に女性を追っかけ回してばかりで失恋していた頃も私にとっては黒歴史である。

 

普通に彼女に振られて泣いたりしてたw

 

今思うと相当ダサいしカッコ悪いのである。

 

まあ、これらを黒歴史と呼ぶべきなのかは分からないが

 

誰にでもそういう、オープンにはしたくない過去がある。

 

私はそれでいいと思うのだ。

 

むしろそういうのがあるから人間味がある。

 

活躍している芸能人だって過去にはとんでもない黒歴史があったりする。

 

超美人女優が下積み時代はとんでもなく芋っぽく、垢抜けていなかったり。

 

大物ロックバンドがインディーズ時代は相当ダサい曲ばかりやっていたり。

 

誰にでも、何にでも黒歴史は存在する。

 

犯罪歴じゃないなら良いじゃないか。

 

みんな昔はダサくてキモくてヤバい奴だったんだからw

 

逆に苦労は先に買っておいた方がよい。

 

最初からイケイケで人生負けなし!最高の勝ち組だぜ!みたいな人に限って

 

ある程度歳をとってから壁にぶつかったりすると、案外脆かったりする。

 

オーラが消えて落ちぶれてしまったりする。

 

ならば苦労は先に買う。

 

黒歴史は先に買うw

 

ネットではやれ芸能人の黒歴史など面白おかしく叩かれているが

 

誰にでもあるものなのだから

 

それでいいのだ。

 

そんなこんなで、消したい過去があろうとも受け入れること。

 

受け止めること。

 

それも含めて今の自分があるのだから。

 

ビバ・黒歴史