読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

最近のONE OK ROCKについて思うこと

先に書いておくが私はワンオクのファンではない。

 

かといってアンチでもない。

 

普通に「ワンオクの音楽をただ聴く人」である。

 

最近のワンオクについて思うことがある。

 

洋楽に寄りすぎじゃね!?!?

 

とツッコミたくなることだ。

 

寄りすぎというか、もはや洋楽である。

 

これは悪い意味で。

 

近々新しいアルバムをリリースするそうな。

 

 

Ambitions 初回限定盤(CD+DVD)

Ambitions 初回限定盤(CD+DVD)

 

 

 

前作の「XXXV」から漂っていたザ・洋楽感。

 

進化なのか?前進なのか?

 

確かにサウンドは綺麗だ。

 

でもサウンドが綺麗すぎるとバンド感がなくなる。

 

コンピューターのプログラミング音が強すぎてもはやバンドサウンドすら感じなくなる。

 

近々発売される新しいアルバムから先行して数曲YouTubeにMVがアップされている。

 

それを観て思った。

 

「あぁ…」

 

と。

 

だが私の場合、かっこいいロックを聴いたら次のように感じるのだ。

 

「うおおお!やべぇ!!!ボッキしそう!!!」

 

と。

 

 

こういう衝動を感じるものがかっこいいロックであると思っている。

 

ワンオクは昔から英語の発音がよく

 

「洋楽っぽさ」が話題となりウリだった。

 

それが今じゃ海外進出してガチの洋楽になってしまった。

 

全く魅力を感じない。

 

曲にもサウンドにも。

 

「Re:make」

 

「アンサイズニア」

 

ここら辺がマジでゾクゾクしてカッコ良かったのに。

 

ワンオク…原点回帰するのも進化だと思うぞ。

 

「ガチの洋楽」になるのではなく

 

「洋楽っぽい邦楽ロック」であることに唯一無二のオリジナリティがあって良かったのに。

 

YouTubeの先行MVを観た限り、最新アルバムはレンタルでも借りる気がしない。

 

なんか音楽評論家みたいなブログになってしまったw

 

しかしワンオクは昔の方がカッコ良かった!!

 

というのは事実。

 

私個人の見解だが。