読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

もしも「男が性犯罪を犯したら去勢」という法律が出来たら

最近、女性を酒で酔わせてレイプする事件が多い。

 

まあ今に始まったことではないのだろうが。

 

アダルトビデオにもそういうジャンルがある。

 

いわゆる「泥酔モノ」

 

しかし、現実でそんなことをしたらもれなく犯罪。

 

鬼畜の所業である。

 

男の性犯罪はなくならない。

 

どうすれば減るのか私なりに考えてみたが

 

やはり

 

「性犯罪を犯したら去勢される」というガチで恐ろしいルールを作ることだと思う。

 

去勢されたらもう終わりだ。

 

男というのは射精欲が強い。

 

性欲というより、射精欲というのが強いのだ。

 

要は射精して、スッキリしたい。

 

射精したくなると、男はとんでもないほど野生的になるし、暴力的にもなる。

 

興奮度合いが尋常じゃないのだ。

 

そして射精しても、また数時間後、数日後には同じ衝動に駆られる。

 

ならばもう底無しの欲望だ。イタチごっこだ。

 

去勢するしかない。

 

性犯罪者はまた同じことを繰り返すのだから。

 

そもそも欲望をコントロールするのはかなり難しいことなのだ。

 

大きな夢、目標、やり甲斐のある仕事、打ち込める趣味などにベクトルを向けられればいいのだが…

 

女性は安心して外も歩けない。

 

どんなに用心していたって、男の力には敵わない。

 

私は自分が女性だったらと思うと怖くて仕方ない。

 

周りの全てが性欲モンスターに見える。

 

去勢ルール、法律化してほしい。

 

マジで。