人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

胸がえぐられるぐらい切なくなる曲ベスト3

音楽は素晴らしい。

 

聴くだけで遠い昔の記憶が蘇ったりする。

 

懐かしい思い出、切ない思い出。

 

歳をとれば取るほど誰もが死に近づく訳だが、若い頃に聴いていた音楽を聴くと、なんだか切なくなるのだ。

 

そんなわけで胸がえぐられるような切ない曲ベスト3を紹介する。

 

まず第3位

EXILE「Pure」

 

EXILEは6人だった頃が一番好きなのだが、この曲は7人体制になった頃の楽曲。

 

TAKAHIROのボーカルが初々しくてよい。そしてなにより歌詞とメロディーがよい。

 

暖かい春になる前の3月頃に聞きたい。

 

この曲はPVも良いのだ。オススメである。

 

続いて第2位

山下達郎「ゲット・バック・イン・ラブ」

 

この曲もたまらない。

 

まずイントロから泣きたくなる。

 

多くは語らない。とにかくメロディーが最高。山下達郎のボーカルも最高である。

 

真冬の一人旅の最中に聴いていたなぁ〜

 

さあ、第1位は

スガシカオ夏陰

 

これはもう決まりである。

 

夏の終わり頃にこれを聴くともうたまらなく胸がえぐられる。

 

気づけばもう大人になってしまっている、そんな事実に気付かされる。

 

昔に戻りたいなどとは思わないが、あの頃確かに若くて楽しかったよな〜、何も考えずに生きてたよな〜と気づかせてくれる一曲。

 

スガシカオの楽曲は哀愁溢れるものが多くて好きだ。

 

以上。

 

ぜひ聴いてみて頂きたい。