読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

知恵を惜しみなくシェアしてくれる成功者たちに感謝

割と良いことが書いてある

多くの時間を費やし

 

多くの失敗を経て

 

多くの経験から基づくその多大なる知恵。

 

そんな宝物にも似た知恵を惜しみなくシェアしてくれる成功者たちには敬意を払わざるをえない。

 

というのも見るからに胡散臭そうで怪しげな成功者のブログを読んでいたのだが←失礼

 

ハッと気付かされたことがあったからだ。

 

彼らは伊達じゃない。

 

ハッタリではない。

 

胡散臭そうに見えるのは凡人とは思考回路が違いすぎるからそう見えるだけだ。

 

物事のセンターピンを捉える能力というのだろうか、そういったものがズバ抜けている。

 

私が感銘を受けたのは

 

とくに商売をしている人なんかにはピッタリのアドバイスになるのだろうが

 

 

「ただ物を売るのではない。世界観を売るのだ!」

 

 

という言葉である。

 

その成功者いわく

 

「ただ良い物が置いてあってもそれは売れない。それをどう見せて、どう付加価値をつけるか?いかに世界観を作り込めるかがカギ」だという。

 

たとえばTシャツ1枚を売るとしよう。

 

オシャレなデザインでかっこいいTシャツである。

 

そのTシャツがただ畳まれて棚の上にポンと置いてあるのと

 

超絶オシャレでオーラ溢れるかっこいい店員さんが着ているのとでは

 

どちらが欲しくなるだろうか?

 

「あ!あの店員さんが着ているTシャツかっこいい!」

 

となるだろう。

 

さらにその店員さんがトークも面白く、洋服だけでなく趣味やライフスタイル、生き方までもオシャレだったらもうファンになってしまわないだろうか?

 

そして常連の顧客が生まれる。

 

同じTシャツでもただ置いてあるだけではこうはいかないだろう。

 

店員が冴えなかったらこうはならないだろう。

 

世界観を売るというのは、商品に実体以上の付加価値をつけること。

 

う〜ん、まさしくその通り。

 

私も見習おう。勉強せねば。

 

成功者の何気ないアドバイスはかなりタメになる。

 

そんなアドバイスをブログで無料で公開している。

 

無料以上の価値があると思うのだが、それを出し惜しみせずシェアする器の大きさ、余裕。

 

かっこよすぎである。