読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

【人生の法則】ピンチには相応のチャンスが眠っている!!

ピンチには相応のチャンスが眠っているものである!!!

 

これはマジである。ガチである。

 

私の今まで生きてきた経験上、自分の存在ごと消えてしまいたくなるほどのピンチにはそれ相応の覚醒すべき神々しいチャンスが眠っている。

 

まさに表裏一体とでも言おうか。

 

というのもつい先日、私はビジネスにおいて大打撃を受けたのだ。

 

もう「やめてしまおうかな…」と一瞬思ってしまうほどの大ダメージである。ショッキングな事態。

 

しかしそこでやめるメリットも得に見当たらなかったし、絶対に自分はやれるはずだ!という自信もあったので色々と思考してみた。

 

打開策。アイデア。脳みそをフル回転させた。

 

そして思ったのだ。

 

「いや、待てよ。これってもしかしてめちゃくちゃチャンスじゃないか!?」と。

 

ビジネスの存続すらおびやかす、モチベーションを下落させる事態にも関わらず、私はそれは逆手にとって考えるべきだと思ったのである。チャンス、通り穴、わずかな光を発見できた。

 

むしろこういうダメージを受けなければ絶対に発見できなかったものだ。

 

なので誰しも、どんな時にでもピンチには相応のチャンスが眠っているのだ。

 

ピンチの時にどう考えるか?それが問題である。

 

間違っても思考を停止させてはいけない。

 

たとえばだが人生における壊滅的ショッキングな事例を挙げてみると

 

○失恋。しかも恋人に浮気された。ライバルに奪われた。寝取られた(笑)

 

○ビジネスで損害を出して借金5000万を被った。どうしようもない。

 

○会社で降格。出世コースを絶たれた。

 

まあほんの一例だがこんなものだとしよう。

 

まず失恋したならばこれほどいいチャンスはない。そういうダメージを受けないと人は成長しない。そして寝取られたりするような最悪の失恋のしかたなどさらにいい。落ちるとこまで落ちると次は這い上がるしかないのだ。

 

私は常日頃思っているのだが、恋愛において「振る方」と「振られた方」のどちらに成長があるか?それは間違いなく「振られた方」なのだと思っている。長期的に見ると絶対に「振られた方」のほうが後から成長できる。人間的にも。

 

なので失恋のときに「見返してやるぞ!」という再起の炎を燃やすことが大事だ。

 

そしてビジネスで借金を被ったときなど。ビジネスじゃなくても構わないが経済的ダメージを受けたらそれこそしっかりとお金のことについて学ぶチャンスだ。借金が膨れ上がったらまずそれ以上は膨らまないように食い止める。そして確実に返していけるような策を考える。必ずアイデアは眠っている。見つかるまで考えるのだ。

 

そして会社で降格や左遷を言い渡され、出世コースから外れたなど。ならば今一度人生について考えるチャンスである。本当にこの会社が自分の人生にとってすべてなのか?他の会社に移ってそこで天下を取ればいいのではないか。もしくは違う職業こそが天職なのではないか?色々と考える機会にもなる。

 

人生において想定外のピンチなど当たり前のようにやってくるのだ。それはどんなにポジティブに過ごしていても間違いなくやってくるものだと思う。交通事故のようなものだ。

 

しかしそうなったらもう次は成功への道しか用意されていないのだ。ダメになった理由を考える。このやり方じゃダメだと思い知る。改善する。では次に待っているのは?成功しかないではないか。

 

前の記事にも書いたが世界的にも有名なウォルト・ディズニーは7回も破産している。

 

そして最近どっかのコラムで読んだのだが黒夢のボーカルでありカリスマロックスター清春は借金5000万を被った過去がある。返済したらしいが。

 

みなさんピンチなど当たり前のように味わっているのだ。

 

だがそこで諦めてはいけない。

 

ピンチには相応のチャンスが眠っている。

 

なので諦めてはいけない!!!

 

人生は七転び八起き。

 

最後に立ち上がればそれは勝ち、すなわち成功なのである。