読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

魂の入っていないものはいずれ淘汰される

割と良いことが書いてある

私の先輩が言っていた言葉である。

 

「魂の入っていないものはいずれ淘汰されるよ」と。

 

どういう意味か?

 

例えば

 

パン屋が二つあるとしよう。

 

片方はパンを作るのが大好き。毎日笑顔でパンを焼いている。

 

とにかくパンを作るのが幸せ。

 

お客さんに美味しいパンを食べて貰いたい。パンを美味しく食べて貰いたいから常連さんにはジャムもサービスしている。

 

そしてさらに美味しいパンを作れないか、夜な夜な研究をしている。それが楽しくてたまらない。

 

一方、もうひとつのパン屋は金儲け主義。

 

パンには別に興味がない。ただパンは主食であるし適当に作っても勝手に売れるのでいいビジネスだと思いパン屋を営んでいる。

 

とにかく売れればいい。原価を安く抑えて、バンバン売ろう。愛想などない。ただパンが売れればいい。どうせ買うだろ?パンがなきゃ困るもの。ジャムも有料で売りさばく。

 

 

冷静に考えると、後者の方が売り上げは良いのかもしれない。

 

だが人は心だ。

 

お客さんは人間だ。

 

おそらく後者のパン屋はそのうち、潰れるだろう。

 

少なくとも私なら、後者のパン屋で買いたくはない。

 

笑顔溢れる人が焼いたパン、笑顔溢れる接客をしてくれたパン屋のものを食べたいのだ。

 

 

魂の入っていないものはいずれ淘汰される。

 

 

私は色々なビジネス書であったり、ハウツー本、自己啓発本、その他成功者のブログやコラムなどを読むのが好きだ。

 

だが全てにおいて共通していることがある。

 

大体が皆、ほとんど同じことを最終的には言っているのだ。

 

それが

 

「心が大事」ということ。

 

すなわち、人格者であれと。

 

心がこもっていないと本当の意味で上手くなどいかないのだ。

 

魂を込め、情熱を注いだものにはパワーがある。

 

妥協などせずに、魂を込めよう。

 

仮に

 

「ウチの商品がナンバーワンです。オンリーワンです。いかにウチの商品が優れているか、語らせて下さい!何時間でも語れます!よろしいでしょうか!?」

 

と目をキラキラとさせている営業マンがいたら、私もコロッと契約してしまいそうだ(笑)

 

魂を込めよう。

 

自らの人生にも。

 

ハートに火をつけろ。