読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

数字を気にするようになってくるとスランプに陥る

割と良いことが書いてある

数字で評価される世の中だ。

 

学校の成績、会社の業績、ランキングチャート、月間売り上げナンバーワン、アクセス数、いいね!の数。

 

とかく人は数字を気にする生き物だ。

 

いや、正確には「段々気にするようになってくる」とでも言えばよいか。

 

最初は数字なんか気にしない。

 

やりたいことをやって、気づいたら数字が出ていた。

 

楽しいから夢中になっていたら、数字が跳ね上がっていた。

 

ただがむしゃらに頑張っていたら、数字で人より抜きん出た。

 

大体最初はこんな感じ。

 

しかし人間は不思議なものだ。

 

一度数字で自分の実力が目に見えるようにして評価されると、今度はその数字ばかりを気にするようになる。

 

数字を出すための仕事や作業、アイデアになってしまう。

 

勿論、数字を気にするのは大事だ。というか、数字がなければどれだけ不便な世の中か。

 

数字を上げることは大切なことだし、当然のことなのだ。

 

ただそのマインドがどういうベクトルを向いているかだ。

 

こうすれば数字が上がる!

 

こうすれば食いつくはずだ!

 

無難にこうしておけば数字は安定する!

 

もっと数字を叩き出さないと!

 

このままじゃ先月の数字を上回ることができない!

 

クソ!これはどうだ!これでどうだ!

 

数字よ上がれ!!!

 

 

といった状態に陥ってしまう可能性がある。

 

数字ばかり気にして、本来の自分の良さ・強み・個性・魅力というものがかき消されてしまうのだ。

 

そうなるとスランプに陥ったり、迷走したりする。

 

あれ?おかしいな。

 

なんでこんなに頑張ってるのに数字が上がらないんだ。

 

この前はこれでグンと数字が伸びたのに…

 

といった具合にならないように落ち着いて考える必要がある。

 

何のために、誰のためにしている仕事なのか。

 

たとえば

 

ビジネス!!

 

というと「金儲け」といったイメージを抱く人が多いと思う。

 

しかし本質は違う。

 

誰かのため、世のために価値を与えること。

 

便利さを与えたり、喜びを与えたりすること。

 

お客様の笑顔が見たいのだ。喜ぶ姿を。

 

その報酬として「お金」が頂ける訳だ。

 

そこを履き違えては上手くいかない。

 

なので数字!数字!と気にする前に

 

何がいけないかな?どこが悪いかな?

 

自分がお客さんだったらどう思うかな?

 

これ欲しいかな?買いたいと思うかな?

 

この記事読みたいと思うかな?(笑)

 

と相手の立場になって考えることが大事なのである。

 

これが簡単なようで難しい。

 

だからこそ考える価値がある。