読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

アンダーウェアは己の生き様そのものなり

人としての魅力を上げる

ブラとパンツが上下バラバラ〜というのに男は萎える。

 

というわけでアンダーウェアは己の生き様そのものなのである。

 

男も女ももっとアンダーウェアに拘った方がよい。

 

男は特にアンダーウェアを手抜きにしがちだ。

 

しみったれたパンツを穿いてちゃ〜男が廃る。

 

逆にポリシーさえ持って堂々とこだわっていれば、真っ白いブリーフだって構わないのだ。

 

ちなみに私は何が何でもカルバンクラインのボクサーだ。

 

バックトゥザフューチャーの劇中でマイケルJフォックス演じる主人公がカルバンクラインの下着を身につけていたからだ。

 

それからカルバンクライン一筋。

 

だったはずなのだが最近素晴らしいものを発見した。

 

BODY WILDというブランドだ。

 

下着メーカーのグンゼが手がけているだけあって手触りなどが素晴らしい。そして安い。

 

デザインが多少子供っぽいのが難点だが、一つのデザインに一目惚れして買ってしまった。

 

ハロウィン限定?のコウモリがゴムの部分に刺繍されたモデルだ。

 

(ボディーワイルド)BODY WILD 立体成型ボクサーブリーフ(前とじ) BWS845G 97 ブラック M
 

 

 

なんと妖艶なデザインなのだ。

 

そして穿いてみるとやっぱり穿き心地が気持ちヨクて夢見心地。

 

 

とりあえず下着なんてなんでもいいや〜と思っているならばそれは間違いだ!

 

人生は下着に始まり、下着に終わるのだ。

 

ちなみに女性はサテンの下着をセレクトした方がよい。

 

男はサテンのテロテロした生地を見ると興奮する頭のオカシイ生き物だからだ(私だけかもしれない)

 

ビバ・アンダーウェア!