読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

「嫉妬」という感情を捨て去る

人としての魅力を上げる

人生を蝕むストレスの要因の一つ、それが「嫉妬」だろう。

 

嫉妬という感情は人間ならば誰しも当たり前に持っているものだろう。

 

ただその感情はあまりに醜く、鬼か悪魔のような形相へと人間を変える。

 

いや、決して顔に出ることはないのかもしれない。だが心は間違いなく汚れ、腐る。

 

自分の好きな人が他の人と仲良くしている姿を見ては嫉妬。

 

自分の欲しいものを他の人が手にしている姿を見ては嫉妬。

 

成功者を見ては嫉妬。リア充を見ては嫉妬。

 

あらゆる場面で嫉妬という感情は姿を現す。

 

「人間だもの」で済まされればいいのだが、嫉妬という感情はあまりにも人生にストレスを与えすぎる。

 

ではこの嫉妬と上手に向き合うコツはないものだろうか?

 

嫉妬が嘘のように消え去る!そんな魔法のようなテクニックはおそらくない。

 

だから意識的に変えるしかないだろう。

 

嫉妬というのは自分と他人を比べることによって生じる感情だ。

 

ならば比べなければいい。でも比べてしまうのが人間だ。

 

それならもう自分は誰よりも価値があるんだ!と思うしかないだろう。

 

というか人それぞれに価値はあるのだ。心配しなくていい。

 

短所は反省し受け入れる。そして意識的に改善を試みる。

 

長所は喜んでガンガン伸ばせばよし。誰にも負けない長所にしよう。

 

そういう「素直さ」が「嫉妬」に打ち勝つのではないだろうか。

 

例えば、自分の好きな人が他の誰かを好きになった。

 

それならば「自分はまだまだ魅力不足だ、足りないものがあるんだな」と気づき、人生を頑張ればいい。何かに打ち込むもよし、仕事に精を出すのもよし。嫉妬という感情に飲み込まれずに素直に自分と向き合ってみる。そうして努力へとベクトルを向けたとき、初めて嫉妬という感情を上手に昇華できるのではないだろうか。

 

(ちなみに恋愛は結局は相性の問題なのでどれだけ頑張っても無駄な時はある。それはしょうがないのだ。でも必ず最高の人が現れるので心配しなくてヨシ。少なくとも努力は無駄にならない。)

 

私はよくモヤモヤしたり、自分でも分からないぐらいストレスを感じたり、嫉妬を感じたりしたときは1枚の紙に自分の気持ちを書き出す。

 

○イライラする。不安だ。

○どうして?なぜそう感じる?

○人生が上手くいかないから。

○じゃあどうすればいい?どう改善すればこのイライラする感情を収めることができる?

○もっと頑張る。遊びほうけていないでもっと頑張ってまずは成果を出す。実績を絶対に作る。

 

上記のように原始的だが自分の気持ちを紙に書いて自問自答してみるのだ。

 

ビックリするぐらい感情が整理できるし、気持ちが落ち着く。

 

頭でああだこうだ考えてもゴチャゴチャするだけだ。脳のかわりに紙を使うのだ。人間は本来アナログな生き物なのでこれぐらいがちょうどよい。

 

 

うむ、話はずいぶん逸れてしまったがとりあえず「嫉妬」という感情と上手に付き合おう。

 

嫉妬は上手に向き合えば自分を驚くほど成長させてくれる起爆剤になる。

 

Ok,Let's Go!!!