人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

なぜ?ありえない!漫画本のカバーを紛失する人

友人の家に遊びに行くと漫画を読んだりする。

 

しかし不可解なことがある。

 

それは何冊かに一冊はカバーが無いのである。

 

漫画の単行本は普通、カバーがされている。色のついたツヤツヤしたプラスチックっぽい素材のアレだ。そしてあれを取ると、普通の紙素材の表紙が出てくるのである。

 

がさつな友人の部屋なんかは散らかっている。そしてそういう友人の部屋の漫画はカバーが紛失しているものがチラホラとあるのだ。

 

私としては理解不能である。

 

「何がどうなったらカバーを無くすんだよ!絶対に無くしたくないだろう!!無くしたくないからカバーだろうが!!」と。

 

ちなみに私はCDの帯も取っておく派である。

 

アーティスト名、アルバム名、キャッチコピーなどが書かれたあの帯である。

 

あの帯は私は一応、CDケースの中に歌詞カードと一緒に保存しておく。

 

しかし漫画のカバーを紛失するような友人はこのCDの帯も捨てる派が多い。

 

というかこちらがCDを貸して返ってくるとなぜか帯が無くなっているのだ。さすがに「帯がないんだけど、どこやったの?」とは聞けないので泣き寝入りだ。

 

そしてそういう友人にはもう物を貸すのはやめようと思うのである。

 

ちなみに漫画本のカバーは放置しておくと、クルンッ!と癖がついてしまうので注意だ。