読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

どこ見てんのよ!このむっつりスケベ!!

性欲について

昔ロンドンハーツでパンチラホイホイというコーナーがあった。

 
男芸人を打ち合わせと称してカフェに呼び出すのだ。
 
そしてそこに際どいミニスカートの美女を登場させる。
 
ターゲットとされる男芸人の視線の対角線にその美女をセッティング。
 
そしてその美女が足を組み替えたりして、パンチラするかしないかの際どいポージングをする。
 
それを芸人が見るか見ないかをモニターする企画である。
 
まあ大体はチラ見する結果になる。中にはガン見する輩もいた。ガン見なら逆に清々しいが、チラチラと見るその視線や表情はいやらしく、ドスケベそのものだった。
 
そして最後に美女から「どこ見てんのよ!このむっつりスケベ!」と罵倒されて終わる。そんな企画だった。
 
 
しかしこんなものは男からしたら当たり前なのである。
 
見るに決まってるではないか。
 
私でも見る。見なきゃ損だとも思う。
 
しかも私はおそらくチラ見タイプだと思う。恥ずかしながら。
 
しかし世の女性に伝えたい。
 
「パンチラを見てしまう」そして「そういう瞬間を見たい」という気持ちに別に悪意はないのだ。
 
パンチラしそうなその女性自身に興味がある訳ではない。「パンチラそのもの」に興味があるのだ。パンツが見えそうな状況そのものにだ。
 
確かにパンチラする対象が美人であるに越したことはないが、正直あまり美しいとは言えない女性のパンチラもつい見てしまう。
 
それが男なのだ。
 
どうして?と理由を聞かれても困ってしまう。
 
どうしてカレーが好きなの?と聞かれて理由を説明するのが難しいのと同じだ。
 
無条件に好き。ごめんなさい。としか言いようがない。
 
という訳で現実にそういう男がいても「どこ見てんのよ!このむっつりスケベ!!」などと罵倒しないようにお願いしたい。
 
多分言われたら2週間ぐらいはヘコむ。