人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

この世からインターネットが消えたらどうなるか

とんでもないことになる。

 

というのも私の自宅で現在、原因不明のネット障害が起きているのだ。ネットがまったく繋がらない。Wi-Fiも繋がらないのだ。

 

仕方なく携帯の4Gを使用してこのブログを書いている。

 

しかし私個人だけでもネットが繋がらないだけでこんなにも困っているというのに、この世からインターネットが消えたらどうなるのか?

 

おそらく暴動が起きるだろう。

 

暇を持て余した暴徒達による犯罪が多発する。

 

暴力、万引き、性犯罪、破壊、事故、あらゆる犯罪が蔓延するだろう。

 

つまりインターネットは現代におけるそれらの制御装置のようなものなのだ。

 

なぜなら現代人は暇さえあれば、ネット、スマホ、ゲーム、通販、YouTubeSNSで気を紛らわすことができるからだ。

 

それらが失われたとき、人間の欲望が思わぬ方向へと暴走するだろう。

 

あらゆる人間が犯罪に手を染める世界になりかねない。

 

興味、関心、暇つぶし、そういう欲望をどこに向ければ良いのか分からなくなるのだ。

 

皆が皆、興味の対象をネットから他のことに上手に移行できる訳ではない。

 

たとえば頭の良い人間はネットがなくなっても、釣り、焚き火、木登り、昆虫採集、畑に家庭菜園などに矛先を向けられるだろう。

 

だがそんな人間はほんの一握りだ。

 

毎日楽しすぎるゲームに洗脳されている人間や、過激すぎるいやらしい動画を見ている人間などはもうリアルの世界では対応がきかなくなるのだ。

 

ウオー!と声を荒げ、外に出ては暴走行為に走るだろう。

 

インターネットが消えたらそれだけ恐ろしい世の中になるのだ。

 

ネット依存は恐ろしい。

 

何もかもがコンピューター、インターネットの時代なのだ。

 

私も早くネット障害の原因を解明して、復旧したい。

 

ムラムラする。いや、モヤモヤする。