人生において何の役にも立たないポンコツブログ

人生において何の役にも立たないポンコツな記事を書いていきます。まったく役に立たないくだらない記事ばかりですが、疲れたときに見てクスッと笑えるような癒しのブログです。

あなたの人生は誰のもの?〜親に逆らうということ〜

親の言うことが全てではない。

 

確かに親は親だ。

 

身近な人物である。

 

しかしだからと言って親の言うことが全て正しいとは限らない。

 

私はその昔、親の言うことに間違いなどないと思って生きてきた。

 

子は親を見て育つ訳だから当然だ。

 

いつしか親の価値観が私の価値観になっていたのだ。

 

なので私自身に夢があっても、親が「それは無理だ」などと言えば、「ああ、そうか」と納得したものだ。

 

しかしどうもおかしいことに気づいのだ。

 

自分の人生がまったく上手くいかなかったのだ。楽しくない。

 

ハッキリ言って「この世から消えてなくなってしまいてぇ…」と思ったことすらある。

 

なぜだ?どうしてなんだ?

 

答えは明白。

 

「自分の人生を生きていないから」だった。

 

自分のやりたいことがあるならやればいい。なのに親の言うことに全て従って生きてきた。夢を押し殺して生きてきた。

 

例えれば、サッカーが大好きでサッカーがやりたいのに、親に無理やり野球をやらされているような状態だ。

 

熱意を持てないからホームランなど打てる訳がない。

 

あなたの人生は誰のものだろうか?

 

親には感謝する。尊敬する。それは当然だ。

 

だがあなたと親はまるで人格の違う独立した別個人だ。

 

あなたはあなたの人生を生きる義務がある。

 

そうでなければあなたの肉体と魂に失礼だ。

 

あなたはあなたのやりたいように生きればいい。

 

実際に私は親の言うことをフルシカトして、自分のやりたいように生きるようになってから驚くほど人生が好転した。

 

というかこれが本来の姿なのだ。

 

何もかも上手くいく状態になれる。

 

私は今、人生が楽しくてしょうがない。

 

ある言葉がある。

 

一番の親孝行とは?という問いに

 

「親孝行がしたいのなら、まず親より幸せになることだ。」

 

やりたいように生きて、笑顔になり、幸せになるのだ。

 

そんな姿を見て、笑ってくれない親などいないだろう。